食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
京都の「衣笠丼」
もう一度最初から見る
1/11

京都の「衣笠丼」

フォロー
いいね:1
保存:1
27 京都の「衣笠丼」 京都で親しまれている油揚げと九条ネギを玉子とじにした 丼ぶりです😉✨とても簡単で節約レシピとしてもおすすめです♪ 京都では横幅があり大きな京揚げを使って作られますが、 今回は普通のお揚げで作りました!出汁がしっかり染みてとろとろでめちゃ美味しかったです😍 また、カンロ飴を入れてコク出ししました✨ ————————————————————- 【材料】※2人分 油揚げ     大2枚 九条ネギ    3〜4本 ★白だし    大さじ1 ★水      200ml 醤油      大さじ2 みりん     大さじ1 きび砂糖    大さじ1 カンロ飴    2個 卵       4個 温かいごはん  丼ぶり2杯分 【作り方】 ▼下準備 ・★の白だしは★の水で割っておく。 ・油揚げは油抜きをして、短冊切りにする。 ・九条ネギは斜め切りにする。 ・卵は溶きほぐしておく。 ① 鍋に水で割った白だし、醤油、みりん、きび砂糖、油揚げを加えて加熱する。 ② 一煮立ちしたらネギとカンロ飴2個を加える。 ③ カンロ飴が溶けてネギに火が通ったら、溶き卵を流し入れて、半熟状になったら火を止める。 ④ 器にごはんをよそい、③をかけて、完成♪ —————————————————————- ★ひとこと 油揚げにお出汁がしっかり染みていて一口食べた瞬間にじゅわっと溢れました✨ シンプルなのにとっても美味しい! お好みで山椒をかけても◎ 衣笠丼(きぬがさどん)は、「絹笠丼」や「信太(しのだ)丼」と呼ばれることもあります。 京都発祥のご当地丼とされていますが、中身は大阪などで食されている狭義のきつね丼と同じであり、この呼び方は京都固有の呼び名だそうです😌

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画