サルサ・メヒカーナ

■保存期間 冷蔵5日 ■紹介文 今日は、サルサ・メヒカーナのレシピをご紹介します。 かければ何でもメキシコ料理になってしまう、とても便利で魔法のようなソースです。 材料を刻んで混ぜて半日ねかせると出来上がり彩りも映える一品です。 サラダ感覚で生野菜がたっぷりと摂れる一品です。ぜひお試しくださいませ。 ■材料(4人分) トマト 2個(150~160g×2) 玉ねぎ 1/2個(100~150g) ピーマン 2個(30~35g×2) にんにく(※1) 1片 青唐辛子(※2) 1本 香菜(パクチー)(※3) 1本 レモン果汁 または ライム果汁 大さじ1(15ml) 塩 小さじ1 (※1)にんにくすりおろし小さじ1でも代用できます。小さいお子さんがいらっしゃったり生にんにくが苦手な方や、胃腸の弱い方は省いても構いません。日持ちは変わりません。 (※2)入手できない場合、赤唐辛子のみじん切り小さじ1、またはタバスコ(緑色の「ハラペーニョソース」がベスト)小さじ1/2程度で代用できます。小さいお子さんがいらっしゃったり辛味が苦手な方や、胃腸の弱い方は省いても構いません。 (※3)苦手な方は省いても構いません。お好きな方は1把たっぷりと加えても構いません。
■作り方 【1】玉ねぎは粗みじん切りにします。 材料はすべて4~5mm角程度の粗みじん切りにします。切ったそばから大きなボウルに入れていくと進めやすいです。 フードプロセッサーを使っても構いませんが、細かい目ではなく、粗みじん切りにしましょう。 玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。 竹串を置いた上に玉ねぎを乗せて端から切り、竹串を抜いて90度回転させて端から切っていくと、細かく粒の揃ったみじん切りにしやすいです。 【2】にんにくは粗みじん切りにします。 にんにくの皮は、皮ごと上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。 【3】香菜(パクチー)は粗みじん切りにします。 ぜひ根も使いましょう。 【4】ピーマンと青唐辛子はよく洗い、縦半分に切り種ごと粗みじん切りにします。 余分な水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。 【5】トマトはよく洗い、皮ごと粗みじん切りにします。 余分な水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。 【6】切った材料をすべてボウルに入れ、レモン(またはライム)果汁と塩を加えてよく混ぜ合わせます。 青唐辛子の代わりに赤唐辛子を使う場合は、ここで加えます。 【7】野菜からたっぷりと水分が出るまで冷蔵庫で半日(12時間)から1日(24時間)ねかせます。 ねかせることで、全体の味がなじんで、塩味が丸くなるとともに、出来立てとはまるで違う旨味が出ます。 保存の際は、充分に消毒した保存容器に入れましょう。 ■作り置きのコツ・ポイント 玉ねぎは皮ごと半分に切ってから上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。 玉ねぎをみじん切りにする際は竹串を置いた上に玉ねぎを乗せて端から切り、竹串を抜いて90度回転させて端から切っていくと、細かく粒の揃ったみじん切りにしやすいです。 余分な水気は雑菌繁殖の元となり保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。 ねかせることで全体の味がなじんで、塩味が丸くなるとともに出来立てとはまるで違う旨味が出ます。 保存の際は、充分に消毒した保存容器に入れましょう。 ■アレンジのヒント かけておいしい:グリルした鶏肉・豚肉・牛肉/オムレツ/ゆでだこ/ハム/冷奴 バーベキューに。串刺しにした鶏肉や、シンプルに塩こしょうで味付けしたステーキ肉などに、たっぷりとかけます。 https://mayukitchen.com/salsa-mexicana/