深川手巻き寿司

材料(4人分) ■すし飯 米 3合 ミツカン すし酢昆布だし入り 90ml ■具 あさり(むきみ) 200g にんじん 1/2本 しょうが 20g 薬味ねぎ 2本 ★しょうゆ 30ml ★水 30ml ★みりん 大さじ1 ★酒 大さじ1 手巻き寿司用の海苔 適量
東京下町で昔から親しまれてきたアサリご飯の「深川めし」 これを手巻き寿司にしてみました。 作り方 [1] ■すし飯 ご飯が炊上がったらボールなどに開け「すし酢」をかけながら手早くしゃもじで素早く切るようにまぜる。 [2] うちわで仰ぎながら粗熱を取りご飯をほぐす。 [3] ■具 あさりはよく洗い水気を切る。 鍋にあさりと★の調味料、千切りにしたしょうがとにんじんを加え一緒に煮る。 [4] 弱火でじっくりと煮て、煮汁がなくなったら火を止めふたをしたまま味を馴染ませる。冷めたらお皿に盛る。 [5] 手巻き寿司用の海苔の上にご飯をのせ、小口切りにした薬味ねぎと④のあさり、にんじんを一緒に巻いたら出来上がり。 ■コツ・ポイント かなり濃い目の味付けですが、すし飯とあって美味しいです。煮汁がなくなるまで焦げ付かないように注意してください。 ■このレシピの生い立ち いつもの手巻き寿司の具に新しいネタをプラス♪