きのことしょうがのスープ

■保存期間 冷蔵4日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、きのことしょうがをたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 めんつゆとオイスターソースの簡単味付けで味が決まりやすく、旨味たっぷりの仕上がりです。 たっぷりのしょうがを使った体の中から温まるおかずですので、寒い時期にはもちろん、季節の変わり目の冷え対策にもどうぞ。 いろいろな具材が合いますので、お好みで具だくさんアレンジにして冷蔵庫一掃メニューとしてもお役立ていただけますと幸いです。 ■材料(4人分) 3種類以上のきのこ(ぶなしめじ、しいたけ、エリンギ、まいたけ、えのきだけ、ひらたけ、なめこ、マッシュルーム、きくらげなど) 合計400g しょうが 50g ■合わせ調味料 水 800ml オイスターソース 大さじ2 めんつゆ(3倍濃縮推奨) 大さじ2
■作り方 【1】今回使ったきのこ(えのきだけ、まいたけ、ぶなしめじ)です。きのこは水洗いせずそのまま使いましょう。詳しくは後述します。 【2】えのきだけは石づきを取り、半分の長さに切ります。根元は手でほぐします。 えのきだけを使う場合、石づきを取り除くには、袋の上から包丁を入れると、散らばばりにくく、また、ごみの処理もしやすいです。 【3】切ったそばからフライパンか鍋に入れていくとよいです。 火はまだつけません。 【4】ぶなしめじ、まいたけは手でほぐします。 ぶなしめじに石づきがある場合、縦に2つに割いてから、直線ではなく、三角屋根のように、左右から石づきの形に沿うようにして包丁を入れると、むだなく石づきを取り除くことができます。 包丁ではなく、手で、裂くようにほぐしましょう。裂いた断面がいびつになって、表面積が増えることにより、味が染み込みやすくなるためです。 ひらたけや、エリンギ、しいたけのように、傘の部分が広いものは、傘の部分から柄まで手で裂くとよいです。 【5】しょうが50g(4人分)です。 しょうがは皮ごと使いますので、よく洗います。 【6】しょうがは皮ごと千切りにします。 スライサーを使い、直接フライパンに入れると簡単です。 【7】合わせ調味料の材料をすべて加え、全体をざっとかき混ぜてなじませて、ふたをして強火にかけます。 水の温度から加熱することで、きのこがゆっくりと加熱されるため、きのこの旨味がより引き出されます。 【8】沸騰し充分に蒸気が立ったら、弱火にして、ふたをしたまま3~4分ほど煮込んで完成です。 最後に味をみて、もし薄いようなら同量のめんつゆとオイスターソースで調整します。小さじ1/2~少しずつ加えましょう。 【9】保存の際は、 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。 ■きのこの旨味について このレシピでは、きのこの旨味をできるだけ引き出すようにしています。上記手順でご説明出来ていない内容を補足いたします。 【なぜ、きのこは3種類以上を使う?】 旨味は、旨味の素になる物質があり、その要となるのが、グルタミン酸というアミノ酸の一種、そして、核酸成分の一種であるイノシン酸とグアニル酸があります。 グルタミン酸は植物性の食材、イノシン酸は動物性の食材、グアニル酸はきのこ類、特に干し椎茸に多く含まれています。 きのこ類の旨味は、このグアニル酸やグルタミン酸が主成分になっており、きのこの種類によって、含まれる旨味が違います。 旨味は単独で使うよりも、色々な旨味成分を足すことで相乗効果を発揮すること、また、きのこ類の味は淡泊ですので、きのこの歯ごたえや肉厚の違いを組み合わせることで、よりおいしさを感じることが出来るように、3種類以上を使っています。 【なぜ、きのこは水で洗わない?】 きのこ類は水分を含みやすいので、水洗いをすると水気を吸ってしまい、風味が落ちてしまうためです。 流通しているきのこ類は、基本的に無農薬栽培であること、汚れを気にする必要はない状態で栽培・出荷されていますので、石突きの部分を切り落とすだけで使えます。 ただ、どうしても汚れが気になる、山で採ってきた、という場合は、次のように対応すると良いです。 ・かさをポンポンと軽くたたいて、内側のひだのゴミなどを落とす ・固く絞ったふきんで表面を拭く 【なぜ、きのこは手で裂く?】 上記の手順では、石づきを取る際や、大きさをそろえる際に包丁を使用していますが、できるだけ、きのこを手で裂くようにしています。 これは、手で裂くことにより、裂いた断面がいびつになって、表面積が増えることにより、味が染み込みやすくなるためです。 しいたけやマッシュルームも、手で裂くほうが味は染み込みやすいですので、形や大きさの不ぞろいを気にしないのであれば、ぜひ、手で裂いてみましょう。 【なぜ、きのこにはゆっくりと火を通す?】 きのこの旨味が生まれる仕組みを簡単にご説明します。 きのこは、加熱することできのこの細胞が死んでしまうと、きのこの細胞に含まれている核酸成分が、同じくきのこの細胞に含まれている酵素によって分解されて旨味成分に変わり、ここで旨味成分が生まれます。 ところが、きのこには、きのこの旨味を作る酵素だけではなく、旨味を壊してしまう酵素があります。 旨味を作る酵素は、加熱によって働き出すのですが、80℃を超えるあたりになると働かなくなります。 それに対し、旨味を壊す酵素は、温度が60℃を超えると働かなくなります。 ということは、加熱していくと、旨味を壊す酵素が先に働かなくなるので、70℃くらいになると、旨味を作る酵素はまだ働いているので、その温度で旨味が増える、というわけです。 ですので、このレシピでは、きのこを、水の温度から加熱することで、きのこがゆっくりと加熱されるため、旨味を出来るだけ増やそうとしているわけです。 今回ご紹介したレシピに限らず、きのこの旨味を楽しむメニューを作る際には、もしこれまで、いきなり熱湯やよく熱したフライパンや油にきのこを入れたり、ワット数の高い電子レンジで一気に加熱調理していた場合は、ぜひ、今回ご紹介した「弱火ゆっくり加熱」を、お試しくださいませ。きのこの旨味が、とても引き出されますよ。 【きのこは冷凍して使うと、さらに旨味が出ます】 泳いでいるイワシやカツオ、海の中に生えている昆布から出汁が出て海の水がおいしくなる……ということはありませんよね。 先述の、「旨味を作る酵素」など、細胞に含まれているさまざまな酵素は、細胞が生きている、つまり生物や植物として生きている間は活動せず、細胞が死んだ時点で酵素が活動を始めます。 干し椎茸、昆布、かつお節は、干して乾燥させ、細胞を死なせることによって、酵素が活動できるようにしているわけです。 生のきのこは、まだ生きていますので、加熱することで細胞が少しずつ死ぬ=少しずつ酵素が活動を始めて旨味を増やしていきます。その分の旨味しか増えません。 でも、きのこを冷凍することで細胞を死なせておくことで、冷凍したきのこを煮ると、すぐにきのこ全体の旨味を作る酵素が働き始めますので、生のきのこを調理するより、旨味成分が多くなる、というわけです。 きのこ類は、安売りの際に多めに購入して、石づきを取り、ほぐした状態で冷凍しておき、そして解凍せず使い、水や冷たいフライパンの段階からゆっくりと加熱していくことで、旨味成分がとても多くなります。 ただ、旨味は出るのですが、酵素は、旨味成分に関わるものだけではありませんので、独特の苦味が出たりすることもあります。 また、細胞にダメージを与えるわけですから、せっかくの歯ごたえがなくなってしまう……、ということもあります。 きのこの種類ごとに「旨味」と「歯ごたえ」をまとめています。 参考になれば幸いです。 【えのきだけ】 ○旨味と香りが増える ×しなっしな 【ぶなしめじ】 ○旨味と香りが増える ×硬さがなくなる 【まいたけ】 △旨味と香りが増えるが、苦味が出る ○変化が気にならない 【しいたけ】 ○旨味と香りが増える ○変化が気にならない 【エリンギ】 ○旨味と香りが増える ×歯ごたえがなくなる 【なめこ】 ○旨味と香りが増える ○変化が気にならない 【マッシュルーム】 ○旨味と香りが増える ○変化が気にならない ■作り置きのコツ・ポイント きのこの旨味を引き出し、味をよくなじませるためきのこは水で洗わず、できるだけ手で裂き水の温度からゆっくりと加熱しましょう。 最後に味をみて薄いようなら同量のめんつゆとオイスターソースで調整します。小さじ1/2~少しずつ加えましょう。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 スープですので汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで食中毒を防止することができます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:長ねぎ/白菜/キャベツ/青梗菜/小松菜/もやし/厚揚げ/薄揚げ/豆腐/卵(溶き入れる)/豚こま切れ肉 いただく際にかけておいしい具材:一味唐辛子/ごま油/花椒(かしょう・ホワジャオ)/五香粉(ごこうふん・ウーシャンフェン) 中華麺を入れても。 https://mayukitchen.com/mushroom-ginger-soup/