食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
白菜とひき肉のコンソメスープ

白菜とひき肉のコンソメスープ

フォロー
■保存期間 冷蔵4日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、白菜をたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 たっぷりの白菜と豚ひき肉をコンソメスープで煮込んで作ります。 コンソメスープと塩こしょうだけのシンプルな味付けは、とろとろになった白菜そのものの旨味が引き立ち、白菜のやさしい甘味が体にじんわりとしみ渡ります。 最小限の材料でのご紹介です。いろいろな具材が合いますので、冷蔵庫一掃の具だくさんスープとしても展開できます。

材料

(4~6人分)
  • 白菜
    1/2個(1300g)
  • 豚ひき肉
    300g
  • 粗挽き黒こしょう
    小さじ1/4
  • 400ml
  • 顆粒コンソメスープの素
    小さじ2(固形なら1個)
  • 小さじ2/3

手順

  • 【1】白菜は1/4個幅に切り、芯を取り除いて3cm幅(指2本分の幅が目安)のザク切りにします。この作業は、手順2で豚ひき肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。白菜の芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。芯の近くは、特に泥が付いていることが多いです。芯を取り除いたら、今一度、よく洗い流しましょう。
  • 【2】フライパンに油をひかず豚ひき肉を広げ入れ、中火にかけます。周りの色が変わるまでそのままさわらずに6~7分ほど焼いたら、ヘラで全体をほぐします。8人分を作る場合は、2回に分けて作るか、5リットル以上の大鍋を用意しましょう。
  • 【3】手順1の白菜を半量入れ、蒸し煮用調味料を加えて残りの白菜を上に乗せます。火を止めて行っても構いません。特に、芯に近い箇所などが固まっている場合は、よくほぐして加えましょう。
  • 【4】ふたをして強めの中火にかけます。白菜のカサが多く、ふたが閉まりにくい場合は、柄付きの重めの丼やスープボウルなどを被せておくとよいです。その際、蒸気をふさがないようにしましょう。
  • 【5】充分に蒸気が立ったら中火にし7~8分煮ます。全体を底からかき混ぜてできるだけ白菜全体が煮汁に浸かるようにします。
  • 【6】再びふたをして弱めの中火にし、さらに4~5分煮込みます。
  • 【7】弱火にし仕上げ用のこしょうを加えて、全体に行き渡るように混ぜて1~2分煮込んで出来上がりです。最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 【8】保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 芯の近くは泥が付いていることが多いです。芯を取り除いたら、今一度よく洗い流しましょう。 白菜の芯に近い箇所などが固まっている場合はよくほぐして加えましょう。 最後に味をみて薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから味をみて調整しましょう。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 スープですので汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:玉ねぎ/にんじん/小松菜/お好みのきのこ類/お好みの豆類/ウインナー/ハム/ベーコン 一緒に加えておいしい香辛料・香味野菜:にんにく/パセリ 仕上げに加えても:バター 豚ひき肉と差し替えても:鶏ひき肉/豚バラ薄切り肉/豚こま切れ肉
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画