ほうれん草の卵焼き

「だし」の上品な味わいが、口の中でフワッと広がります。 ■調理時間 20分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 239kcal ・たんぱく質 17.1g ・塩分 2g ・野菜摂取量 173g ■材料(2人分) ・卵 4個 ・ほうれん草・小 1/2束(120g) ・大根・8.5cm 250g ・「瀬戸のほんじお」 少々 [A]しょうゆ 小さじ1 [A]「ほんだし」 少々 ・水 大さじ3 ・「ほんだし」 小さじ1/2 [B]砂糖 大さじ1 [B]「瀬戸のほんじお」 少々 ・「AJINOMOTO サラダ油」 適量 ・しょうゆ 適量
■つくり方 (1)大根はすりおろし、ザルに上げて水気をきる。 (2)鍋にたっぷりの湯をわかし、塩、ほうれん草を入れて1分ほどゆでる。水をはったボウルに取り出して冷まし、水気をしぼる。 (3)バットにほうれん草をのせ、Aをふってからめ、汁気をしぼり、卵焼き器の幅に合わせて切る。 (4)小さめのボウルに水、「ほんだし」を入れ、よく混ぜる。 (5)ボウルに卵を溶きほぐし、(4)、Bを加えてよく混ぜる。1/2量ずつに分けておく。 (6)卵焼きは計2本作る。卵焼き器を油に含ませたキッチンペーパーで拭き、中火にかける。 (7)(5)の分けた卵液の1/3量を流し入れて全体に広げ、卵のフチが固まってきたら、表面の泡を菜箸で軽くつぶす。 (8)向う側の端に(3)のほうれん草の1/2量をヨコ長に置く。 (9)ほうれん草を菜箸で軽く押さえながら、向こう側の卵を手前に向かって、折り返すように巻く。 (10)手前まで巻いたら向こう側に移し、手前のあいたところを、油を含ませたキッチンペーパーで拭く。 (11)残りの卵液の1/2量を流し入れて広げる。巻いた卵焼きを菜箸で少し持ち上げ、卵焼きの下にも卵液を流す。 (12)卵のフチが固まってきたら、向こう側から手前に向かって、菜箸で折り返すように巻く。 (13)向こう側に移し、手前のあいたところを、油を含ませたキッチンペーパーで拭く。残りの卵液を流し入れ、同様に焼く。 (14)巻き終わりを下にして30秒ほど焼き、取り出す。残りの卵液も同様にほうれん草を巻いて作る。 (15)食べやすい大きさに切って器に盛り、(1)の大根おろしを添えて、しょうゆをかける。