食感の違いを楽しむ。筍と大根の味噌汁 レシピ・作り方

材料(3人分) 粉末かつお節 大さじ1 大根 2cm 筍の水煮 一つかみ しめじ 1/4株 刻みねぎ 少々 味噌 大さじ3
作り方 [1] 鍋に水と粉末かつお節を入れて火にかける。まだ水の状態からいちょう切りにした大根を入れる。 [2] 大根が柔らかく煮えたら短冊切りにした筍の水煮を入れ、続いて根っこを切り落とし、ばらばらにしたシメジを入れる。 [3] 味噌を溶かして火を止めます。味噌を入れた後は味噌の風味が飛ぶといけないので長く煮ない方がいいです。器に注ぎ、刻みねぎを散らします。 きっかけ 筍の水煮があったので作りました。 おいしくなるコツ 其々の食感を愉しむために鍋に入れるタイミングをずらしてください。 筍は水煮の固さ次第で早めに入れるか、すでに柔らかくて温めるだけでいい固さなら最後の方で入れるかを判断してくださいね。 ーーーーーーーー 保存用。筍の水煮  の材料はこちら ーーーーーーーー 材料(数人分) 筍 ある分だけ 米のとぎ汁 鍋一杯 鷹の爪 1~2本 酢 適量 ーーーーーーーー 保存用。筍の水煮 のレシピはこちら ーーーーーーーー 作り方 [1] 筍の根元の固い部分を切り落とします。穂先を斜めに切り落とし、実を切らないように皮に縦に切り目を入れて火の通りをよくします。 [2] 皮ごと鍋に入れ、たっぷりの水と、米ぬか(もしくは米のとぎ汁)、鷹の爪を入れて30分くらい火にかけます。根元に竹串を刺して楽に刺さったらOKです。冷めるまでそのまま放置します。 [3] 水洗いして、皮を剥きます。根元に残った皮は割り箸の角でこそぎ落とします。賽の目や細切りなど使い易い大きさにカットします。 [4] 別の鍋にたっぷりの水をはり、保存用の瓶と蓋を入れ、必ず水の状態から火にかけてぐらぐらと15分ほど煮沸します。菜箸かトングでお湯から引き揚げ、キレイな布巾の上に口を下にして置きます。 [5] 水1Lに対し、酢大さじ1の割合で酢水を作り、筍を殺菌のために10分ほど煮ます。(サイズを変えてカットした場合はサイズごとに茹でてください) [6] 筍が熱いうちに④の瓶に酢水ごと入れます。瓶の蓋を軽く閉めます。④のお湯を半分ほど捨てて、瓶の半ば過ぎくらいまで浸かるくらいの水量にして瓶を火にかけ、15分ほど煮沸します。 [7] お湯からあげたら、すぐに蓋をキュッと締めます。うまく脱気できていたら常温で半年から1年は保存できます。失敗していたら水が濁ってくるので、諦めて急いで食べちゃってください…(^^ゞ