【野菜ひとつ】きゅうりの梅おかか漬け

■保存期間 冷蔵5日 ■紹介文 今日は、きゅうりのレシピをご紹介します。 梅肉とかつお節でしっかり濃いめの味に仕上げます。ご飯のお供にはもちろん、お茶漬けにもよく合います。 そのままはもちろん、お好みで青じそやみょうがなどの香味野菜を添えても、おいしくいただけます。 きゅうりはちぎったり折ったりすることで断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので味がしみ込みやすくなります。 手軽に出来る一品です。箸休めやお弁当のおかずにおつまみにもどうぞ。 ■材料(4人分) きゅうり 500g(4~5本目安) 塩 小さじ1 梅肉※ 大さじ2(梅干し4個分) かつお節 小袋2袋(2.5~3g×2) ※漬梅の場合、梅干しの代わりに同量の赤じそを刻んで使っても構いません。
■作り方 【1】きゅうりは洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で水気をよく拭き取ります。 このレシピは、加熱する工程がありません。水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。 【2】ヘタの部分を切り落とし、包丁のみね(背の部分)かめん棒でたたき、2~3cm程度の長さに、手でちぎるように折ります。 ちぎったり折ったりすることで、断面がいびつになり、表面積が大きくなりますので、味がしみ込みやすくなります。 よくたたくことで、ちぎりやすくなり、より味がしみ込みます。 【3】丈夫な袋にきゅうりと塩を入れよくもみ込み、10分ほど置きます。時間に余裕があれば30分ほど置くとよいです。 袋の口は1/4ほど開けておき、空気が抜けるようにすると、もみやすいです。 時々袋の底から叩くようにすると、よく混ざります。 【4】水分が出てきますので、袋をねじり絞るようにして水分を捨てます。 両手を使って絞りましょう。 袋をしばらく(10~20秒ほど)下に向けていると、水分がたっぷりと落ちてきます。 【5】梅肉とかつお節を加え全体に混ざるよう、よくもみ込みます。 ここでも、袋の口は1/4ほど開けておき、空気が抜けるようにしておきましょう。 袋をもんだり、底をほぐすようにたたいて、梅肉とかつお節が、まんべんなく行き渡るようにしましょう。 【6】充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存することをおすすめします。 袋を平らにして、空気を抜いてから密封して保存してもよいのですが、保存容器のほうが取り出しやすいのと、保存中、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫に30分ほど置くと、味がなじんで、よりおいしく召し上がれます。 ■作り置きのコツ・ポイント きゅうりを洗った後の水気は雑菌繁殖の元となり保存の大敵ですので、しっかりと水気を拭き取ってから調理しましょう。 きゅうりはちぎったり折ったりすることで断面がいびつになり表面積が大きくなりますので、味がしみ込みやすくなります。 袋をもんだり底をほぐすようにたたいて、梅肉とかつお節がまんべんなく行き渡るようにしましょう。 袋を平らにして、空気を抜いてから密封して保存してもよいのですが、保存容器のほうが取り出しやすく、保存中に袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫に30分ほど置くと味がなじんでよりおいしく召し上がれます。保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:新しょうが/みょうが/梅しそ/かぶ/刻み昆布/切干大根 いただく際に添えておいしい香味野菜:大葉/みょうが/しょうがすりおろし/いりごま/すりごま 冷たいお茶漬けにも。丼にご飯をよそい、お好みで、みょうが、大葉の千切り、いりごまを添えて、冷たいお茶を注ぎます。ご飯はあらかじめ、ざるに入れて流水で洗っておくと、のどごしサラサラでいただけます。 白い物との相性が良いです。かけて・和えて:冷奴/長芋すりおろし/素麺 納豆と和えても。 https://mayukitchen.com/cucumber-plum-bonito/