ほうれん草のベーコンエピ レシピ・作り方

材料(3人分) リスドォル (フランスパン専用粉) 200g 砂糖 5g 塩 3g 白ごま 30g ほうれん草 (生) 50g オリーブオイル 大さじ1 インスタントドライイースト 3g 水 100~110ml *** 成形用 *** 粒マスタード 適量 スライス ベーコン 3枚
作り方 [1] ほうれん草は洗ってキッチンペーパー等で包み、水気をのぞき、長さ2~3cmに切っておく。ベーコンはキッチンペーパーではさみ、水気と脂肪を軽くのぞく。 [2] ホームベーカリーのパンケースにリスドオル、砂糖、塩、イースト、オリーブオイル、水を入れ、生地コースでパン生地を作る。水の量は ほうれん草の水分量によって調整してください。 [3] ほうれん草と白ごまはレーズンナッツ容器には入れずに「レーズン:選択」を押して「あり♪」を選択する。後でHBがピッピッ♪と鳴ったら、ほうれん草と白ゴマを手動で投入する。 [4] 生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、正確に計量して3分割する。生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。 [5] 丸めた生地に かたくしぼったぬれ布巾をかけ、10分間、ベンチタイムをとる。 [6] ベンチタイム終了後、生地のとじめを上にして台にのせ、めん棒で長方形に伸ばす。目安はベーコンの長さ +2cmくらい。生地の中央に粒マスタードをぬり広げ、ベーコンをのせる。 [7] 長い辺を手前に置き、手前から巻き込み、巻き終わりをつまんでとじる。とじめを下にして天板にのせる。 [8] ハサミをねかせて生地にあてる ( 角度は45度くらい )。ハサミの先は天板に当たる位に深く入れて切る。下の生地は2~3mm残し、つながっている状態にする。 [9] 切込みを入れ、ハサミを手前に抜き、切った生地を右へずらす。2~3cm下にハサミを入れ、後は同様に2~3cm間隔で5~6ケ所切込みを入れ、左・右・左・右とずらす。 [10] ベーコンを完全に切りはなすくらい、しっかり切る。切込みが浅いと二次発酵、焼成時に形が崩れる。 [11] ラップをふんわりかけ、その上に かたくしぼったぬれ布巾をかぶせ、オーブンの発酵機能で二次発酵させる。40℃で20分前後。 [12] 二次発酵後、生地全体にハケでオリーブオイル (分量外)をぬり、210℃に予熱したオーブンで、15分焼く。 [13] 焼成後、ケーキクーラーに移し、粗熱をとる。 [14] オーブンの種類・使用年数により、焼き具合は若干異なる為、火力が強いようなら、焼き色がついたらアルミをかけて残り時間を焼いてください。 きっかけ 旬のほうれん草をパン生地に混ぜ込み、ヘルシーな野菜パンを作りたかったので。 おいしくなるコツ 旬のほうれん草を使えば、生のまま使用しても甘みが残ります。白ごまの香ばしさやオリーブオイルの香りも加わり、ほうれん草の青臭さも軽減されます。サラダほうれん草でも美味しくできます。