レモンの力で食べる♪メロンヨーグルト レシピ・作り方

材料(1人分) ヨーグルト 1/2カップ メロン 1/16カット レモン 小さじ1
作り方 [1] ヨーグルトを器に注ぎます。メロンの種を取り除き、食べやすいように一口サイズに切ります。ヨーグルトに加え入れます。 [2] レモン汁をメロンに振り掛けます。 [3] ヨーグルトは市販のものでOKです。手作りなら40度くらいに温めた牛乳500ccに砂糖大さじ1とヨーグルト大さじ2を加え保温器に入れて8時間ほど寝かします。 きっかけ 朝食に食べました。 おいしくなるコツ レモンの風味と酸味は塩味や甘みを引き立てる効果があるそうです。 少量のレモンで砂糖を控えて低カロリーのまま甘さをアップさせることができます。 ーーーーーーーー 自家製ヨーグルトの材料はこちら  ーーーーーーーー 材料(4~5人分) 牛乳 500cc ヨーグルト 大さじ2 ヨーグルト添付の砂糖 1袋 ーーーーーーーー 自家製ヨーグルトのレシピはこちら  ーーーーーーーー 【1】保温ランチジャーを使用します。雑菌も一緒に繁殖しないように熱湯消毒しておいた方がいいです。その際、スプーンや温度計も煮沸するのを忘れないでね♪ 【2】容器(ご飯を入れる大きい方)に牛乳を注ぎます。レンジで45度くらいに軽く温めます(冷蔵庫から出したて牛乳なら800Wで1分半くらい)。種菌となるヨーグルトと砂糖を加えてまぜます。 【3】熱湯(煮沸に使ったものでOK)を小さい方の容器(汁用とおかず用の容器)に入れます。其々蓋をして普通にランチジャーに入れてセットします。 【4】一晩(8時間くらい)放置したら出来上がり♪ 【5】材料について 乳酸菌の餌となり発酵を促すので砂糖も加えて下さい。普通の砂糖でOKです。 ヨーグルトの種菌は元気で雑菌もまだ混じってない開封したての新しい物がいいです。 【6】温度について 50度を超えると乳酸菌が死滅します。低いと発酵に時間がかかります。牛乳を45度に温め、ヨーグルトを入れて42度くらいになるのが目安です。 【7】発酵時間について 発酵時間が長すぎると酸っぱくなります。40~42度8~10時間くらいを目安にお好みの酸味加減で発酵を止めてくださいね。