ささげと豚ひき肉のアジアン炒め レシピ・作り方

材料(3〜4人分) ご飯 3〜4膳分 ササゲ 130g 豚ひき肉 200g ニンニク(みじん切り) ひとかけら 生唐辛子 3本 サラダ油 小さじ1〜 ■調味料 ナンプラー 大さじ1 オイスターソース 大さじ1 砂糖 小さじ2 目玉焼き 人数分
作り方 [1] これがササゲです。 [2] ササゲは4ミリくらいの小口切りにする。ニンニクはみじん切り、唐辛子も小さく小口切りにする。 [3] 鍋にサラダ油を熱し、ニンニクと唐辛子を入れて香りをたてる。ひき肉を入れて炒める。 [4] ひき肉が白っぽくなったら、ササゲを入れて炒め、調味料を入れてよく炒める。 [5] 目玉焼きを作って、ご飯と一緒に盛る。半熟卵を崩して食べるのが美味しい♡ [6] 唐辛子はお好みで増減してくださいね。 [7] タイのガパオご飯にしようかと思っても、ガパオ(タイバジル)が手に入らない。タイ料理をする人は種で育てるそうです。 [8] ちなみに、日本でよく食べるバジルはスイートバジル。タイの炒め物に使うバジルはホーリーバジル(バイガプラオカーオ) [9] いわゆるガパオですが、全く味が違います。また、ややこしいことに、タイにもスイートバジル(英語名)というのがあります。 [10] それはバイホーラパーといって、炒めるより、麺やカレーに入れて少し火を通すか生で食します。これがまた、全く味が違うんです。 きっかけ タイ料理のパッガパオムーサップ(いわゆるガパオご飯)が好きですが、タイのバジルは手に入らないので、そんな感じの料理にしました。笑 バジルのうんちくはレシピのところをみてねー。 おいしくなるコツ ご飯と食べない場合、たとえば、レタスに巻くとか?のときは、ナムプラーは半分で良いかもしれないです。味が濃いです。 インゲン豆でも代用できると思いますが、やはりささげの方がおいしいです。