ヤリイカとちぢみほうれん草の温サラダ

旨みタップリの素材が活きます! 〈ヤリイカとちぢみほうれん草の温サラダ〉を今夜のメニューに。 やわらかいヤリイカと、肉厚であまみタップリのちぢみほうれん草をつかったサラダです。 ヤリイカは3月頃までは旬ですが、イカの中でも身がやわらかいので、扱いやすい種類。ちぢみほうれん草は露地栽培が主なので、寒さに耐えて肉厚なだけでなく、骨をつくるマンガンやカルシウム、造血作用のある葉酸も多くふくまれています。 温かいソースで和える料理ですが、暖かい季節は冷やしてどうぞ。 . 材料(2人分) ・ヤリイカ…3杯 ・ちぢみほうれん草…50g ・小麦粉…大さじ3 【マスタードソース】 ・粒マスタード…小さじ1 ・オリーブオイル…大さじ1と1/2 ・塩…1~2つまみ(マスタードの塩分によります) ・こしょう…少々 . 作り方 1.材料の下処理をする イカは内臓を抜き、流水で洗ってエンペラをつけたまま2cm巾の輪切りにします。足は目のところで切り落とし、長い先の部分を切っておきます。 揚げるのでよく水分はふいておきましょう。ほうれん草は洗って土を落としておきます。 2.ドレッシングを準備する ドレッシングの材料を小さいお鍋に入れておきます。 3.ほうれん草をゆでる 沸騰する手前ぐらいの温度のお湯に、ほうれん草の根のほうから入れ、数秒たったら葉も入れ、肉厚のちぢみほうれん草の食感がなくならないよう、すぐザルにとります。根を切り落とし、5cm長さに切りにします。 4.イカを揚げる イカは全体に軽く塩・こしょう(分量外)をしておきます。ビニール袋に小麦粉を入れ、イカを入れたら空気を入れて袋をふくらませ、中でイカがくっつかないよう振って小麦粉を全体にまぶします。 余分な小麦粉を落とし、180℃に熱した油で火が通り過ぎず、まわりがカラッとするよう手早く揚げます。 5.仕上げ ドレッシングの材料が入った鍋を火にかけ、オリーブオイルが熱くなりマスタードがはじけてきたらイカとほうれん草に回しかけ、全体をさっと混ぜてうつわに盛ります。 . ワンポイントアドバイス ・炒めものではないので、イカがやわらかく食べられます。 ・イカは小麦粉をまぶし一度揚げると、マスタードソースがよくからみます。 ・ほうれん草は火が通り過ぎるとべたっとなってしまうので、お湯にくぐらす程度にしてください。 .