37℃ アンチエイジング◎サーモンのセビーチェ

BONIQの低温調理で、生よりも臭みがなく柔らかい新食感のサーモン。 うまみや甘味が引き出されて絶品! それぞれの素材の味が引き立つサラダは、見た目も華やかでおもてなしにもおすすめ◎ 《材料》 ☆2人分☆ ・生食用アトランティックサーモン  200g ・塩  ふたつまみ ・ミニトマト  4個 ・きゅうり  1/3本 ・紫玉ねぎ  1/4個 ・青唐辛子  2本 ・パクチー  1株 <マリネ液> ・ライム汁  大さじ1 ・オリーブオイル  大さじ1 ・にんにく(すりおろし)  小さじ1/2 ・塩  小さじ1/4 ・黒こしょう  少々 <仕上げ> ・ライム(くし切り)  1/4
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 サーモンの下処理 サーモン全体に塩を振り、冷蔵庫で10分置く。 2 BONIQをセット 食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。 37℃ 0:30(30分)に設定する。 3 フリーザーバッグに投入 サーモンから出た水分をペーパーで拭き取り、フリーザーバックに入れる。 4 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 5 野菜の準備 ミニトマトは4等分、きゅうりは皮をむいて7mm角、青唐辛子は小口切り、パクチーは7mmの長さに切る。 紫玉ねぎは7mm角に切り、水にさらして辛味を抜き、水気を切っておく。 6 マリネ液を作る ボウルにマリネ液の材料をすべて入れ、混ぜ合わせる。 7 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらバッグを取り出し、バッグごと氷水に入れて急冷する。 サーモンを1cm角に切り、⑥のボウルに加え、⑤の野菜も加える。 全体に味がなじんだら器に盛りつけ、ライムを飾って出来上がり。 《作る際のポイント》 サーモンに塩をふり出た水分を拭き取ることで生臭みが減ります。 サーモンは必ず加熱後に急冷をして下さい。急冷することにより、菌の繁殖を抑えるとともに、サラダとしてもおいしくいただけます。 水っぽくなったり味がなじみすぎないよう、マリネ液と食材は食べる直前に和えるのがポイントです。 スパイシーな味付けが好みの方は、チリパウダーを適量加えていただいてもおいしくいただけますよ。 《BONIQ栄養士による栄養アドバイス》 今回のレシピの主役であるサーモンですが、サーモンはとても栄養価の高い食材として有名です。 ではどのような栄養素がふくまれているのか簡単にご紹介します。 まず、サーモンの身の赤い色素の元となっているアスタキサンチンです。アスタキサンチンは体内で作り出すことができない植物由来の抗酸化成分のため、食べて摂取する方法しかありません。特に今回はダイエット中の方や筋トレ中の方、アンチエイジングをしたい方にお勧めする理由をご紹介します。 ハードな筋トレをすると活性酸素が多量に発生し、筋肉痛や筋肉疲労を起こしますが、細胞の中にあらかじめアスタキサンチンを蓄えておくことで、疲労回復が早くなります。また、脂肪をエネルギーに変えやすくする効果があるためダイエットにも効果的だといえます。 また、アスタキサンチンはアンチエイジングには欠かすことのできない抗酸化成分であり、酸化や脂質が酸敗するのを防ぎます。抗酸化作用はビタミンCの約6,000倍といわれており、シワの抑制などに効果的なのです。 アスタキサンチンについて詳しく説明しましたが、そのほかにもタンパク質、ビタミン、カリウム、DHA、EPAなど身体に嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。 サーモンの栄養価から見て一番効果的に摂取できるのが生食です。 今回は低温調理でも比較的低い温度で短時間の加熱のため、サーモンは生に比較的近い状態でいただくレシピになっています。 また、アスタキサンチンはビタミンCと一緒に摂取すると効果が高くなります。セビーチェはライムやレモンの果汁を合わせるのですが味だけでなく、栄養的にも相乗効果があるといえます。 食べ合わせとしてはチーズや大豆製品はよいとされています。良質なタンパク質が豊富なチーズや大豆製品は、健康維持に欠かせないアミノ酸が多く含まれてあり、このアミノ酸とサーモンに含まれているビタミンB群の働きにより、疲労回復効果も期待できます。 セビーチェと名前だけ聞くと難しそうに思うかもしれませんが、作り方は和えるだけでとても簡単、そして見た目も華やかで栄養満点。チーズなどと合わせて素敵なお食事はどうでしょうか。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html