【野菜ひとつ】ニラのごまラー油和え

■保存期間 冷蔵4日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、ニラの和え物のレシピをご紹介します。 ごま油の香りとラー油がピリッときいた、すっきりとした辛さがクセになる一品です。 ラーメンやビビンバなどの具材としてもおいしくいただけます。 もうあと一品の副菜にはもちろん、お弁当のおかずにもどうぞ。 ■材料(4人分) ニラ 2把(100g目安×2) ■合わせ調味料 酢 大さじ1(15ml) しょうゆ 大さじ1(15ml) ごま油 小さじ2(10ml) ラー油 小さじ1(5ml) 砂糖 小さじ1 輪切り唐辛子 1本分(小さじ1)
■作り方 【1】たっぷりのお湯を沸かし始めます。ニラ2把で1.5リットル程度目安です。 ニラの歯ざわりを活かしますので、塩は入れません。 【2】ニラはよく洗い4~5cm幅(指3本分の幅目安)に切ります。 特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。 【3】お湯が充分に沸騰したことを確認し、火加減は強めの中火にします。 【4】沸騰したお湯にニラをすべて入れ菜箸などで全部をお湯につけたら、5秒ほどでお湯がふつふつとなりますのでざるにあげます。 「グラッとくる」という状態です。ニラは火が通りやすく、あらかじめ切っておいたニラは、すぐにグラッときます。 【5】手早く流水をかけて粗熱を取ります。 水につけると風味が飛んでしまうこと、余熱で火が通り過ぎるのを防ぐため、流水で麺を洗う要領で冷やします。 【6】ボウルに、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。 【7】ニラの水分をぎゅっと絞ります。 かなりの水分が出ます。両手を使ってぎゅっと絞りましょう。 【8】手順6の合わせ調味料のボウルにニラをほぐしながら加え、全体をよく和えます。 菜箸でよくほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。 【9】保存の際は、 充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。 ニラの色素が酢に反応するため、時間が経つと茶色に変色していきますが、問題なく食べられます。 ■作り置きのコツ・ポイント ニラをあらかじめ切ってからたっぷりのお湯でゆでることで、手早くゆでます。ニラはすぐにグラッときますので、5秒ほどでざるに上げると良いです。 水につけると風味が飛んでしまうこと、余熱で火が通り過ぎるのを防ぐために流水で麺を洗う要領で冷やします。 和える際は、菜箸でほぐしながらゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 ニラの色素が酢に反応するため、時間が経つと茶色に変色していきますが問題なく食べられます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:もやし(ゆで)/わかめ/ハム/にんじん(千切り)/松の実/かにかまぼこ いただく際にかけて・添えておいしい香辛料:一味唐辛子/のり お弁当に詰める際は、水気をよく切ってから詰めましょう。 https://mayukitchen.com/chinese-chive-sesame-chili-oil/