江戸前の仕事 簡単 サーモンのづけ丼

材料(3~4人分) サーモン(刺身用) 2さく ■トッピング用 大葉(千切り) 4~5枚 白ゴマ 適量 海苔 適量 ■漬け醤油 醤油 150cc みりん 50cc 酒 50cc ■酢飯2合分 お米 2合 酢 70cc 砂糖 17g 塩 7g
江戸前寿司で見られるマグロのづけ。それをさらに古い江戸前のやり方でサーモンでアレンジしました。 作り方 [1] はじめに漬け醤油を作ります。漬け醤油の材料全て入れてひと煮立ちさせ冷蔵庫で冷やしておきます [2] 次に沸騰したお湯を用意して、サーモンを約4~50秒湯にくぐらせて氷水にとり、冷やします [3] キッチンペーパーで水分を拭き取ったサーモンを先ほど作った漬け醤油に漬け込み冷蔵庫で約3時間漬け込みます。 [4] そして、漬け込んでる間に酢飯作を作っておきます [5] 後は切り分けて酢飯、又はご飯に盛り付ければ完成です。 ■コツ・ポイント 盛り付けた後、漬け込んだ醤油を少しかけてあげると寄り美味しくなります!湯霜したサーモンはすぐ氷水にとり、ひがはいりすぎないようにしてください。 ■このレシピの生い立ち マグロより安いサーモンで江戸前ずし(通常江戸前ずしにはないネタですが)が食べたいと思い作りました。