寿司めし

材料(3〜4人分) 白米 2合 水 360cc 酒 大さじ2 昆布 5cm角 ■〜合わせ酢〜 米酢 大さじ3 砂糖 大さじ2 塩 小さじ1
基本のすしめしの作り方。寿司桶で作ると程よく汁気も吸ってくれるので、艶々のすしめしができます。団扇でパタパタもポイント! 作り方 [1] ごはんを炊く米は炊く1時間以上前にとぎ、ザルにあげ水気を切り(最低30分)、その後米と同量の水に30分つけておく。 [2] 昆布5×5cmと酒を加えて、白米と同様に炊く。 [3] 土鍋や厚手鍋で炊く場合、初め強火(約7分)→沸騰直前に弱火に→弱火で7分→火を止めて蒸らし15分炊飯器でもokです。 [4] 炊き上がり! [5] 寿司めし用合わせ酢の調味料を小鍋に加え、一煮立ちさせる。 [6] 寿司桶は白米の炊き上がり時間に合わせ、15分前位から水を張っておき、酢めしを作る直前に水をすて、乾いた布巾でふく。 [7] 4の昆布を取り炊きたてごはんを寿司桶に入れ、5の合わせ酢を少しずつ回しかけ、 [8] 団扇であおぎながらしゃもじで切るように全体を混ぜる。 [9] 途中味をみながら、お好みの加減になれば出来上がり。乾燥を防ぐために濡れ布巾で覆っておく。 ■このレシピの生い立ち 子供の頃母と一緒に作ったすしめし。私は団扇でパタパタ係でした!今作っても懐かしく当時のことを思い出す…母の味です。