鶏めし

米や鶏もも肉を使った人気の主食レシピです。 ■調理時間 50分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 842kcal ・たんぱく質 24.3g ・塩分 3.7g ・野菜摂取量 28g ■材料(4人分) ・米 3合 ・もち米 1合 ・水 720ml ・「ほんだし こんぶだし」8gスティック 1/4本 ・鶏もも肉 200g ・ごぼう 80g ・にんじん 40g ・干ししいたけ・もどしたもの 80g [A]しょうゆ 大さじ4 [A]みりん 大さじ3 [A]酒 大さじ2 [A]砂糖 大さじ1 [A]「瀬戸のほんじお」 小さじ1/2 [A]「ほんだし こんぶだし」8gスティック 1/4本 ・ゆでぎんなん 20粒 ・かぼす・皮 少々 ・「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油」 大さじ2
■つくり方 (1)米、もち米は合わせて洗い、30分ほどザルに上げておく(時間外)。炊飯器に水、「こんぶだし」とともに入れサッと混ぜて普通に炊く。 (2)鶏肉は1cm角に切る。 (3)ごぼうは包丁の背で皮をこそげ、小さめのささがきして水に取り、水気をきる。にんじんは粗みじん切りにする。もどした干ししいたけは1cm角に切る。 (4)鍋に油を熱し、(2)の鶏肉をよく炒め、脂が充分に出てきたら(3)のにんじん・ごぼう・しいたけの順に加えて炒める。油がなじんだらAを加えてフタをし、煮汁が少なくなるまで煮る。(目安量はカップ1/2) (5)炊き上がった(1)に(4)を煮汁ごと加え、白い部分がなくなるようによく混ぜて、再び炊飯スイッチを入れる。スイッチが消えたらそのまま10分間蒸らす。(自動機能がない場合はスイッチを入れて5~10分) (6)しゃもじでよく混ぜ合わせ、器によそい、ぎんなん、松葉に切ったかぼすの皮を散らす。 *大分県の郷土料理