【古澤シェフ】しいたけの肉詰め レシピ・作り方

「【古澤シェフ】しいたけの肉詰め」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

紀尾井町のフレンチ「Le FAVORI」の古澤英夫シェフに教えていただいたレシピを、クラシルで再現!今回は、しいたけの肉詰めのご紹介です。たっぷりのハーブバターがのってとてもおいしい一品ですよ。 今回のレシピはクラシルYouTubeでもご紹介しております。ぜひチェックしてみてくださいね。

調理時間:90分

費用目安:400円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

作り方

  1. 準備. しいたけは石づきを切り落としておきます。
  2. 1. しいたけはかさと軸の部分に分け、軸は粗みじん切りにします。
  3. 2. パセリはみじん切りにします。
  4. 3. ニンニクはすりおろします。
  5. 4. ハーブバターを作ります。ボウルに無塩バター、2、3、パン粉、塩を入れて混ぜ合わせます。
  6. 5. クッキングシートの上にのせて挟み、麺棒で厚さ5mm程に伸ばし、冷蔵庫で1時間程冷やします。
  7. 6. フライパンに無塩バターを入れて中火で加熱し、溶けたら1の軸を入れて弱火にし、塩、白こしょうをふり、香りが立つまで1分程炒め、火から下ろし、粗熱を取ります。
  8. 7. 肉だねを作ります。ボウルに鶏ひき肉、6、残りの肉だねの材料を入れて混ぜます。
  9. 8. 1のかさの内側に塩、白こしょうをふり、7をのせ、形を整えます。
  10. 9. フライパンを中火で熱し、オリーブオイルをひきます。8のしいたけの面を下にして入れ、焼き色がついたら弱火にし、裏返して焼きます。焼き色がついたら蓋をし、5分程焼きます。
  11. 10. 裏返して再度蓋をし、弱火で5分程焼き、鶏ひき肉に火が通ったら取り出します。
  12. 11. 5をしいたけの大きさに合わせて切ります。10にのせ、パン粉をふります。
  13. 12. アルミホイルを敷いた天板にのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで3分程焼き、器に盛り付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W250℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。 余ったハーブバターはトーストに塗ったり、グラタンに入れてご使用ください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

質問する

人気のカテゴリ