割り下も簡単手づくり 関東風すき焼き レシピ・作り方

「割り下も簡単手づくり 関東風すき焼き」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

寒い日に食べたくなる冬のご馳走「すき焼」。関東風と言われる、あらかじめ割り下を作っておくタイプのすき焼です。割り下にざらめを入れることがこのレシピのミソ。コクがアップし、ジューシーな牛肉ともよく合う割り下に。卵と絡めて食べれば至福のひとときが味わえます。家族みんなですき焼鍋を囲んでみてはいかがですか?
調理時間:30分
費用目安:1500円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(2人前)

  • 牛肩ロース (薄切り)200g
  • 牛脂1個
  • えのき100g
  • しいたけ4個
  • 長ねぎ1/2本
  • にんじん1/4本
  • 白菜250g
  • 焼き豆腐100g
  • しらたき100g
  • 春菊30g
  • 割り下
  • しょうゆ150ml
  • 150ml
  • みりん150ml
  • ざらめ30g
  • お好みで
  • 2個

作り方

  1. 1.
    えのきは石づきを切り落とし、食べやすいサイズにほぐします。しいたけは軸を取り、カサの部分に切り込みを入れます。
  2. 2.
    長ねぎは2cm幅の斜め切りにし、にんじんは1cmの輪切りして飾り切りにします。白菜は根元を切り落として一口大に、春菊は根元をきり4cmの長さに切ります。
  3. 3.
    焼き豆腐は4等分に切り、しらたきは食べやすい長さに切ります。
  4. 4.
    小鍋に割り下の材料を入れて中火で熱します。ざらめが溶けたら火からおろします。
  5. 5.
    すき焼き鍋を中火で熱し、牛脂を入れます。溶けたら牛ロース、長ねぎを加えて炒めます。
  6. 6.
    長ねぎに焼き色がついたら4の割り下をひたひたになるくらい土鍋に入れ、1、2、3を加えて蓋をして中火で8〜10分煮込みます。全体に味が染み込んだら完成です。お好みで卵に絡めてお召し上がりください。

料理のコツ・ポイント

・ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。
・割り下の分量はお好みで調節してみてください。ざらめは上白糖でも代用いただけます。
・すき焼きの鍋に入れる具材は、お好みのもの、お好みの切り方でお作りくださいね。
・ご使用の鍋のサイズや具材の量により、割り下の量を調節してお作りください。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜たっぷり 餃子でロール白菜
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background大根とリンゴのさっぱりマリネ
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload background春キャベツたっぷり つるつる食感が美味しいあさりの鍋
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload background豚バラ肉と大葉のレンジ蒸し
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundお弁当に 一口ハニーマスタードチキン
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください