湯せん レシピ・作り方

「湯せん」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

「湯せん」の方法をご紹介します。食材を直接火にかけず、ボウルや鍋に入れてお湯に浸けながら間接的に加熱することをいいます。穏やかに熱が伝わるため、焦げやすいものやすぐに固くなる食材に適しています。主に、チョコレートや卵、バター、ソースなどに用いられます。ぜひご活用ください。

調理時間:20分

費用目安:100円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

  • 無塩バター 適量
  • お湯 適量
  • ミルクチョコレート 適量
  • お湯 適量

作り方

  1. 1. バターを湯せんする場合 ボウルにお湯を入れます。
  2. 2. 別のボウルにバターを入れ、お湯の入ったボウルに重ねます。
  3. 3. ゴムベラで軽く混ぜながら、液状になるまで溶かします。
  4. 4. チョコレートを湯せんする場合 まな板の上にクッキングシートを敷き、チョコレートを乗せて端から斜めに大きく切ったら、包丁の背の先を押さえながら細かく刻みます。
  5. 5. 少し大きめのボウルに熱湯を入れ、50〜60℃に冷まします。
  6. 6. チョコレートの入ったボウルを重ね、左手で押さえながら、ゴムベラで大きくゆっくりと混ぜます。
  7. 7. ゴムベラを持ち上げてダマがなくなり、なめらかな状態に仕上げます。

料理のコツ・ポイント

今回はバターとチョコレートを用いて「湯せん」をご紹介しております。 湯せんしている材料にお湯が入らないようにボウルを左手で押さえながら湯せんしてください。 食材によってお湯の温度は調整してください。温度を高くする場合は、鍋にお湯を入れて火にかけながら湯せんしてください。状態が変わりやすいチョコレートや卵の場合、湯せんの温度は50~60℃が目安です。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ