2019.3.13

絶品唐揚げは基本が大事。今さら聞けない唐揚げレシピ完全版

とびきりおいしい唐揚げを作りたい

みんな大好き、唐揚げ。

仕上がりに納得がいかない時はありませんか? 食感がパサパサになってしまったり、味わいに深みが足りなかったり。

こちらの記事では、知っているようで知らなかった「唐揚げの基本的な作り方」をとっても詳しくご紹介します。

1つ1つの工程を丁寧に行って「完璧!」ともいえる唐揚げを作ってみましょう。

基本情報(2人前)

  • 調理時間:20分
  • 費用:300円前後
  • カロリー:1,143 kcal
  • 塩分:3.7 g

材料(2人前)

材料(2人前)
◾️①鶏もも肉 200g
◾️①すりおろしニンニク 小さじ1
◾️①すりおろし生姜 小さじ1
◾️①塩こしょう 少々
◾️①しょうゆ 大さじ1
◾️①酒 大さじ1
◾️マヨネーズ 大さじ2
◾️片栗粉 30g
◾️小麦粉 20g
◾️サラダ油 適量

①鶏もも肉をひと口大に切る

鶏もも肉200グラムを一口大に切ります。
火の通りを均一にするために、なるべく同じ大きさに切りましょう。

②袋に入れ、調味料で下味をつける

切った鶏もも肉を、ジップ付き保存袋など密閉できる袋に入れます。

材料の①を袋に入れて、鶏肉に下味をつけます。

入れるときはフォークなどではなく、ゴムベラなど鋭利ではないものを使ってください。
ボウルなどの中で行うと、もし袋が破けた際にも安心です。

しっかり袋の上から揉み合わせ、調味料の水分を鶏肉になじませましょう。

③水分が馴染んだらマヨネーズを加える

水分がしっかりと馴染んだら
マヨネーズ 大さじ2
を加えます。

マヨネーズを加えることで味がマイルドになり、よりジューシーに仕上がります!
揚げることでマヨネーズの風味は無くなってしまうので、苦手という方もお使いいただけます。

④15〜30分浸け置く

その後15〜30分そのまま浸け置きます。
しっかり浸け置くことで、旨みたっぷりの唐揚げになります。

⑤衣を作る

サックリとした食感にするために片栗粉と小麦粉で衣を作ります。
少し片栗粉が多めです。

〜衣〜
片栗粉 30g
小麦粉 20g

⑥衣をまぶす

鶏もも肉を箸で袋から出し、衣をよくまぶします。

衣がお肉につきすぎると食感が悪くなります。
お肉を衣の上でさっと転がすようにまぶしましょう。

⑦揚げる(一度目)

外側カリッと中はジューシーに仕上がります!

サラダ油を鍋に入れて、170度に温めます。
菜箸を油の中に入れて、箸全体から小さめの泡が出てくると170度前後の目安です。

茶色く焼き色がつくまで揚げたら、一旦取り出して3分ほどバットの上で休ませます。

⑧揚げる(二度目)

油の温度を190度まで揚げます。
箸全体から大きめの泡が勢いよく上がってくれば、190度前後の目安です。

休ませた唐揚げを再度油で揚げます。

こんがりときつね色に、カラッと揚がれば揚げ上がりです。
油を切ってお皿に盛り付ければジューシーな唐揚げの完成!

「いつもの唐揚げよりおいしいかも…?」

いかがでしたか?
下味にマヨネーズを使ったり二度揚げしたり、意外に知らない工程があったら、ぜひ次に作る時に試してみてください。
どこへ出しても恥ずかしくない絶品の唐揚げ。
得意料理の1つに仲間入りさせてみましょう。

レシピを動画でチェック

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ