鰻ときゅうりの酢の物 鰻ざく レシピ・作り方

「鰻ときゅうりの酢の物 鰻ざく」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

関西地方で土用の丑の日に食べられることの多い『鰻ざく(うざく)』は、うなぎときゅうりを合わせ酢などで味付けした酢の物です。ふっくら焼きたてのうなぎと、歯ごたえの良いきゅうりの酢の物は相性抜群。とっても簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。
調理時間:20分
費用目安:500円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(2人前)

  • うなぎの蒲焼き (蒲焼)1/2尾
  • きゅうり2本
  • 塩 (塩もみ用)小さじ1/4
  • 生姜15g
  • ①砂糖小さじ1
  • ①塩少々
  • ①酢大さじ1
  • ①しょうゆ大さじ1/2

作り方

  1. 準備.
    生姜の皮は剥いておきます。
  2. 1.
    生姜は薄くスライスし、千切りにします。
  3. 2.
    きゅうりのヘタを除き、2mm幅に薄く輪切りにし、塩をふって5分程おきます。
  4. 3.
    ボウルに①を入れて混ぜ、合わせ酢を作ります。1を入れて、よく混ぜ合わせます。
  5. 4.
    2の水気をよく切り、3に合わせます。
  6. 5.
    うなぎを天板にのせ、トースターで温めます。上からアルミホイルをかけ2分、途中アルミホイルを取って2分、うなぎがふっくら温まるまで加熱します。
  7. 6.
    うなぎを7mm幅に刻み、4と合わせれば完成です。

料理のコツ・ポイント

・お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整下さい。今回はトースターでうなぎを温めましたが、フライパンやグリルなどお家にある調理器具でお作りくださいね。
・お弁当に入れる際には、しっかり水分を切ってからお弁当に詰めて下さい。
・冷蔵保存で1日〜2日程度お召し上がりいただけますが、うなぎの蒲焼きが調味料に浸かりすぎると風味が変わり味が落ちます。きゅうりと調味料を合わせる工程で作り置きし、お召し上がりになる直前にうなぎと合わせていただくのがおすすめです。
・塩もみをすることできゅうりの水分が抜け、下味もつきます。塩加減は、お好みで調整してください。

たべれぽ

コメント

人気のカテゴリ

Video preload background白菜の葉の外し方
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload backgroundゆで卵の肉巻き煮込み
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいものあく抜き
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツのざく切り
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload background豚バラ肉とまいたけのゆずこしょう炒め
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundチキンカツで 親子カツ丼
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください