牛肉の八幡巻き レシピ・作り方

「牛肉の八幡巻き」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

ゴボウの名産地、京都府八幡市にちなんで名付けられた「八幡巻き」は、細く長いゴボウが長寿を連想させ、ニンジンとゴボウを合わせることでの紅白のめでたさもあり、おせち料理にぴったりのメニューです。ぜひ作ってみてください。

調理時間:30分

費用目安:1000円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(4人前)

  • 牛バラ薄切り肉 (8枚) 250g
  • ごぼう 1/3本
  • 水 (さらす用) 適量
  • にんじん 1/2本
  • 小さじ1/2
  • 薄力粉 大さじ1
  • 100ml
  • ①しょうゆ 大さじ2
  • ①酒 大さじ2
  • ①みりん 大さじ2
  • ①砂糖 大さじ1
  • ごま油 大さじ1

作り方

  1. 1. ごぼうは皮をこそげ落として牛肉の幅よりも少し長めに切り、さらに縦半分に切り、水に5分ほどさらします。
  2. 2. ニンジンは皮をむいて、ゴボウと同じくらいの太さの棒状になるように縦に切ります。
  3. 3. 水気を切った1と2をフライパンに入れ、水と塩を加えて蓋をして中火で煮ます。柔らかくなったら湯切りし、粗熱を取ります。
  4. 4. 牛バラ肉を広げて4枚ずつ重ね、薄力粉をふるいかけます。
  5. 5. 3のゴボウ2本とニンジン2〜3本を市松模様になるように組み合わせ、4にのせて巻きます。残りも同様に巻き、表面に薄力粉をまぶします。
  6. 6. ボウルに①を入れて混ぜ合わせます。
  7. 7. フライパンにごま油をひいて中火で熱し、5をの巻き終わりを下にして並べます。転がしながら全体を焼き、焼き色が付いたら余分な脂をキッチンペーパーで拭き取り、7を加えて加熱します。牛バラ肉に火が通り、味が全体になじんだら火から下ろします。
  8. 8. 粗熱を取って食べやすい大きさに切り、器に盛り付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

牛バラ薄切り肉の代わりに鶏もも肉などを使っても美味しくお作りいただけます。鶏もも肉は皮を下にして置き、肉の厚みのある部分に包丁を入れて開き、ゴボウとニンジンを巻いたら、タコ糸で巻いて縛ってください。①と一緒に水を少し加えて蓋をして蒸し煮にし、あとは同じ要領で作ってください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ