【中村シェフ】ハンバーグ レシピ・作り方

「【中村シェフ】ハンバーグ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

フレンチの名店『LA BONNE TABLE』の中村和成シェフに教えていただいたレシピ、ハンバーグのご紹介です。手に入りづらい粗びき肉を手作りして、ジューシーなハンバーグがご家庭でもお作りいただけますよ。ぜひ作ってみてくださいね。 ▼中村シェフについて ・中村シェフのInstagram https://www.instagram.com/kazunari_labonnetable/ ・中村シェフのTwitter https://twitter.com/labonnetablekaz?s=20&t=CfNtx8pgm-E6whTos4LasQ ・中村シェフのYouTube https://www.youtube.com/channel/UCdrcLz_e6YLeIUwVpy_nyfw/featured ・LA BONNE TABLEのwebサイト http://labonnetable.jp/ ・LA BONNE TABLEの所在地 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2丁目3 ▼クラシル公式SNSはこちら ・クラシルYouTube https://www.youtube.com/watch?v=owDLff18LMc ・クラシルTikTok https://www.tiktok.com/@kurashiru.com ・クラシルInstagram https://www.instagram.com/kurashiru/ ・クラシルX https://twitter.com/kurashiru0119

調理時間:40分

費用目安:600円前後

材料(2人前)

作り方

  1. 準備. オーブンは220℃に予熱しておきます。
  2. 1. じゃがいもは皮をむいて芽を取り除き、5mm幅に切ります。
  3. 2. ボウルに入れ、塩、粗挽き黒こしょうをふってなじませ、5分程置きます。
  4. 3. ポムリヨネーズ用の玉ねぎは芯を切り落とし、5mm幅の薄い乱切りにします。
  5. 4. フライパンに無塩バターを入れて中火にかけ、溶けたら3、塩を入れて炒めます。
  6. 5. 全体がなじんだら2を入れ、蓋をして中火で5分程蒸し焼きにします。
  7. 6. 蒸し焼きしている間に、ハンバーグ用の玉ねぎは粗みじん切りにします。
  8. 7. 牛サーロイン肉は身の部分を1cm角に切り、脂身の部分を5mm角に切ります。
  9. 8. ボウルに豚ひき肉、7、塩、粗挽き黒こしょうを入れて粘り気が出るまでよくこね、卵、6、パン粉を入れて混ぜ合わせます。
  10. 9. 5の蓋を外して全体を混ぜ、再度蓋をして中火で5分程蒸し焼きにします。
  11. 10. 蒸し焼きしている間に、8を2等分にし、それぞれ小判形に成形します。
  12. 11. 中火で熱した別のフライパンにサラダ油をひき、10を入れて中弱火で2分程焼きます。
  13. 12. 9の蓋を外して全体を混ぜ、再度蓋をして中火で5分程蒸し焼きにします。
  14. 13. 11に焼き色が付いたら裏返して中弱火で2分程焼きます。
  15. 14. 両面に焼き色が付いたら網を敷いたバットに取り出し、中に火が通るまで220℃のオーブンで2分30秒程焼きます。
  16. 15. 12のじゃがいもがやわらかくなったら蓋を外し、中火のまま水を加えて混ぜ合わせ、とろみが付いたら火から下ろします。
  17. 16. 器に15、14を盛り付け、イタリアンパセリをちぎりのせ、粒マスタードを添えて完成です。

料理のコツ・ポイント

牛サーロイン肉は牛もも肉などお好みの部位でも代用いただけます。 オーブンは必ず予熱を完了させてから焼いてください。 予熱機能のないオーブンの場合は温度を設定し10分加熱を行った後、焼き始めてください。 ご使用のオーブンの機種や使用年数等により、火力に誤差が生じる事があります。焼き時間は目安にし、必ず調整を行ってください。 焼き色が付きすぎてしまう場合は、アルミホイルをかけてください。 今回は耐熱性のゴムべラを使用しています。ご使用のゴムベラよっては溶けてしまう恐れがあるので、耐熱性のものをご使用ください。 こちらのレシピの栄養素表示は、全ての材料の使用量、また分量が適量の場合は目安の分量で反映されております。実際の使用量により変動しますので、参考程度にご活用ください。

たべれぽ
4.7

21件のレビュー

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ