卵のゆで時間と固さの関係 レシピ・作り方

「卵のゆで時間と固さの関係」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

卵のゆで時間と固さの関係をご紹介します。ゆで卵はサラダやラーメンのトッピング、タルタルソース、味付け卵など、様々な場面で用いられます。ゆで時間によって、とろとろの黄身を味わえる半熟卵や、食べ応えのあるしっかりとしたゆで卵などお好みのゆで卵が作れます。基本のゆで方を覚えて、ぜひ料理に合わせた固さに仕上げてみてくださいね。

調理時間:20分

費用目安:100円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

  • 適量
  • 適量
  • 冷水 適量

作り方

  1. 準備. 卵を常温に戻しておきます。
  2. 1. 鍋に常温に戻した卵を入れ、かぶる程度の水を注ぎ、中火に熱します。加熱中は時々菜箸で優しくかき回します。
  3. 2. 沸騰したら弱火にして更に5分、加熱時間の合計が8~10分程度で、黄身がとろとろの状態の半熟卵になります。
  4. 3. 沸騰したら弱火にして更に7分、加熱時間の合計が10~12分程度で、黄身が流れ出ない程度のゆるく固まったゆで卵になります。
  5. 4. 沸騰したら弱火にして更に10分、加熱時間の合計が13~15分程度で、白身も黄身もしっかりと固まったゆで卵になります。
  6. 5. ゆで上がったらザルにあげ、すぐに冷水で冷やします。卵が冷えたら、殻にヒビを入れ、優しく殻を剥きます。

料理のコツ・ポイント

今回は、常温に戻した卵を使って、水から作るゆで卵の作り方をご紹介しております。 常温に戻した卵を使うことで、殻が剥けやすく仕上がります。また、事前にふくらみのある側に針で穴を開けておくと、殻が剥きやすくなります 水からゆでることで、殻が割れにくく、均等に火が通ります。 時々かき回し、卵を転がすようにすることで、黄身が真ん中になり、綺麗に仕上がります。 卵はゆでた直後に冷水に入れて急速に冷やすと、身が締まり、殻との間に隙間ができるため剥きやすくなります。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ