包丁の持ち方 レシピ・作り方

「包丁の持ち方」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

包丁の持ち方をご紹介します。「握り型」は一般的な包丁の持ち方で、左手に包丁をあてがって切る場合、固い食材を切る場合、一定のリズムで細かく包丁を動かす場合などに適しており、薄刃包丁によく用いられます。ぜひ食材に適した包丁の持ち方をマスターしてみてくださいね。

調理時間:10分

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

  • 包丁 1本

作り方

  1. 1. 握り型 包丁の刃を下向きにし、親指と人差し指で包丁の刃元をしっかり挟みます。
  2. 2. 残りの3本の指と手の平全体で包み込むように、柄をしっかりと握ります。
  3. 3. 指差し型 包丁の刃を下向きにし、人差し指は包丁の峰に置き、親指は刃元に添えます。
  4. 4. 残りの3本の指と手の平全体で包み込むように、柄をしっかりと握ります。

料理のコツ・ポイント

今回は基本的な「握り型」と「指差し型」の2種類の包丁の持ち方をご紹介しております。 握り型では、柄を持つ小指に少し力を入れることで安定して動かすことができます。 指差し型では、峰に人差し指を添えることで、包丁の細かな動きや力加減をコントロールできます。「指差し型」は、左手に包丁を当てない場合、柔らかい食材や滑りやすい食材を切る場合に適しています。出刃包丁や柳刃包丁で魚を切るときにも使われます。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ