食べ応え抜群 鶏むね肉のひじき煮 レシピ・作り方

「食べ応え抜群 鶏むね肉のひじき煮」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

鶏むね肉をメインにしたひじきの煮物です。鶏肉が入っているので、基本のひじきの煮物よりも食べ応えがあります。副菜として食卓にあると色合いも良いのでおすすめです。和の煮物が食べたくなった時にぜひいかがでしょうか。
調理時間:55分 (下味をつける時間を含む)
費用目安:400円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(2人前)

  • 鶏むね肉100g
  • 酒 (下味用)大さじ1
  • 塩 (下味用)ひとつまみ
  • ひじき (乾燥)20g
  • 水 (戻す用)500ml
  • さやいんげん50g
  • 大豆の水煮20g
  • ①水200ml
  • ①しょうゆ大さじ2
  • ①砂糖大さじ2
  • ①酒大さじ2
  • ①顆粒和風だし小さじ1/2
  • ごま油大さじ1

作り方

  1. 準備.
    大豆の水煮は水気を切っておきます。
  2. 1.
    鶏むね肉は食べやすい大きさに切り、ビニール袋に入れて酒と塩で下味をつけ、30分冷蔵庫で寝かせます。
  3. 2.
    ひじきはたっぷりの水でパッケージの表記に従い戻し、水気を切ります。
  4. 3.
    さやいんげんはヘタを取り、5mm幅の斜め切りにします。
  5. 4.
    中火で熱したフライパンにごま油をひき、水気を切った1を炒めます。
  6. 5.
    肉の色が変わってきたら、2と3、大豆の水煮を加えて中火で軽く炒めます。
  7. 6.
    水気が飛んだら、①を加えて落し蓋をして中火で15分程度煮ます。汁気が飛んで、全体に味が染み込んだら完成です。

料理のコツ・ポイント

塩加減は、お好みで調整してください。
ごま油はサラダ油でも代用いただけます。
鶏むね肉は酒と塩で漬けることで柔らかくなるので煮物にしても美味しくいただけます。
さやいんげんは筋があるものもあるので、気になる方は筋を取ってからご使用ください。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜とカニカマのレモンマヨ和え
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background角切り大根の無限ナムル
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツとカニカマたくあんのコールスロー
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload backgroundキムチチーズ厚揚げ焼き
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundプリプリクリーミー 無限しらたき
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください