2022.10.27

“野菜”の調理をもっとラク早に!レンジを使って4種の野菜のベストな加熱時間を検証

料理はなるべく短時間で済ませたいという方も多いですよね。特に根菜などは火が通りにくく、時短調理に向かないイメージもありますが、実は「電子レンジ」を使えば調理時間をぐっと短くすることができるんです。そこで今回は、にんじんやかぼちゃなど4種の野菜のベストな加熱時間を検証してみました。ぜひ最後までご覧くださいね。

さっそく検証スタート!

今回は以下の4つの野菜の加熱時間を検証しました。

1.大根
2.にんじん
3.かぼちゃ
4.じゃがいも

それぞれひと口大の大きさに切ってから100gずつ耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で加熱します。

大根とにんじんは「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3通り、かぼちゃとじゃがいもは「ふつう」「やわらかめ」の2通りのかたさでベストな加熱時間を検証してみました。

それではさっそく見ていきましょう!

1.大根

大根は皮をむき、1cm幅のいちょう切りにしました。

かため:2分
シャキシャキとまではいかないが、ほどよく歯ごたえがある。

ふつう:3分
やわらかく、噛むとジュワッと水分が出てくる食感。箸で切るときは少し力をかける必要がある。

やわらかめ:4分
3分よりも多く水分が出てくる感覚で、口の中で簡単にほぐれる。箸でも簡単に切ることができる。

大根は2分から4分ほどで火が通りました。煮物用の下ゆでとして加熱したいときは2分、和えものや炒めものなどに使うときは3~4分を目安に加熱するのがおすすめです。

2.にんじん

にんじんも皮をむいて、1.5〜2㎝幅のいちょう切りにします。大きさを合わせるため、下部の細い部分は半月切りにしました。

かため:1分30秒
歯ごたえがあり、噛むほどにほんのりと甘味が広がる。

ふつう:2分30秒
食べやすいかたさで、1分30秒よりも甘味が濃くなる。箸で切るには少しかたい。

やわらかめ:4分
舌と上あごでも潰すことができるやわらかさ。さらに甘味が濃くなる。箸でも簡単に切れる。

にんじんは1分半~4分ほどで火が通りました。大根と同様に煮物用なら1分半、和えものや炒めものなら2分半〜4分がおすすめですが、にんじんは加熱時間によって甘味の濃さも変化するので、ぜひ好みに合わせて時間を調整してみてくださいね。

3.かぼちゃ

かぼちゃは、煮物などに使いやすい3㎝角くらいの大きさにカットしました。

ふつう:2分
やわらかく食べやすい。少しだけシャリッとした舌触り。

やわらかめ:3分30秒
箸で持つと崩れそうになるやわらかさ。ねっとりとしていて甘味も濃い。

かぼちゃは2分~3分半ほどで火が通りました。2分だとほどよい甘味で、簡単に崩れることがないので調理中も扱いやすいです。3分半加熱すると崩れやすくなりますが、ねっとりとした食感と濃い甘味を出したいときにはおすすめですよ。

4.じゃがいも

じゃがいもは1個(約100g)を半分に切り、半分にしたものをさらに6等分にカットしました。今回は皮つきのまま加熱します。

ふつう:2分
食べやすいやわらかさだが形はしっかりと保っていて、箸で持っても崩れることはない。

やわらかめ:3分30秒 箸で持つと角がくずれやすく、皮がはがれてきている部分もあった。2分よりもホクホク感が強い。

じゃがいもはかぼちゃと同じく、2分〜3分半で火が通りました。炒めものや煮物などに使うときは崩れにくいかたさの2分、ポテトサラダやコロッケなどに使うときは3分半ほど加熱するのがよさそうです。

用途に合わせてかたさを調整!

電子レンジで思い通りのかたさにするのは難しいようにも思えますが、少しずつ加熱時間を調整をすれば、かためにもやわらかめにも仕上げることができます。ぜひこちらを参考にしながら、用途や好みに合うベストな加熱時間を見つけてみてくださいね。

おすすめレシピをご紹介!

ここからは、電子レンジを使ったおすすめおかずのレシピをご紹介します。今回は、ホクホクな味わいの無限かぼちゃをピックアップしました。とっても簡単に作れるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ホクホク美味しい 無限かぼちゃ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べ応え抜群の、無限かぼちゃはいかがでしょうか。かぼちゃを電子レンジで加熱し、ツナや調味料と和えればできあがりの簡単レシピです。やさしい甘みのかぼちゃにツナの旨みがしっかりと絡んで、いくらでも食べられるおいしさですよ。ごま油やニンニクの風味もよく、思わず食欲をそそられます。お酒のおつまみにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • かぼちゃ・・・300g
  • ツナ油漬け (正味量)・・・70g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1

作り方

準備.かぼちゃは種とワタを取り除いておきます。
1.かぼちゃは皮付きのまま一口大に切ります。
2.耐熱ボウルに入れて、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで火が通るまで4分程加熱します。
3.ツナ油漬け、(A)を入れて味がなじむまで和えます。
4.お皿に盛り付けて完成です。

時短調理は電子レンジにおまかせ!

いかがでしたか?今回は4種類の野菜の電子レンジ加熱検証と、かぼちゃを使ったおすすめレシピをご紹介しました。電子レンジを使えば、火の通りにくい野菜を使った料理にも気軽にチャレンジできますよ。ぜひ日々の料理で活用してみてくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ