2022.5.25

「5分以内でもう一品できる!」みんな大好きなツナ缶を使った“副菜”レシピ5選

コクのある味わいのツナ缶は使い勝手がよく、常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。そこで今回は、みんな大好きなツナ缶を使った「副菜レシピ」をご紹介します。もやしのツナマヨ和えや、ミニトマトのツナマヨサラダ、コチュマヨとツナの無限きゅうりなど、5分以内で作れるレシピをピックアップしました!

1.5分でおつまみ完成 長ねぎとツナのピリ辛和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

やみつきになるおいしさ!長ねぎとツナのピリ辛和えをご紹介します。切った長ねぎとツナを電子レンジで加熱したら、鶏ガラスープの素、ラー油と和えるだけ!ツナのコクと鶏ガラスープの素の旨味に、ピリリとした刺激を効かせたラー油がたまりません。シャキシャキとした長ねぎの食感もよく、お酒のお供にも最適ですよ。

材料(2人前)

  • 長ねぎ・・・1本
  • ツナ油漬け (正味量)・・・70g
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)ラー油・・・小さじ1/3

作り方

準備.長ねぎの根元と青い部分は切り落としておきます。
1.長ねぎは斜め薄切りにします。
2.耐熱ボウルに1、ツナ油漬けを入れてラップをし、600Wの電子レンジで2分加熱します。
3.電子レンジから取り出し、(A)を加えてよく和えます。
4.器に盛り付け、完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.5分でお手軽 ミニトマトのツナマヨサラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コクのある味わい。ミニトマトのツナマヨサラダはいかがでしょうか。ミニトマトは半分に切ったら、残りの材料をすべて混ぜるだけととってもお手軽。濃厚なマヨネーズにさっぱりとしたポン酢が合い、クセになるおいしさです。ミニトマトのほどよい酸味と甘み、ツナの旨味も口いっぱいに広がりますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ミニトマト (6個)・・・120g
  • ツナ水煮 (正味量)・・・50g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1
  • (A)ポン酢・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ひとつまみ

作り方

準備.ミニトマトはヘタを取り除いておきます。
1.ミニトマトは半分に切ります。
2.ボウルに1、ツナ水煮、(A)を入れ、全体に味がなじむまでよく混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成です。

3.レンジで5分 もやしのツナマヨ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキ食感がたまらない、もやしのツナマヨ和えを作ってみませんか。加熱したもやしとツナ、マヨネーズ、塩こしょうを混ぜた一品。ツナとマヨネーズのコクが淡白な味わいのもやしによく絡み、いくらでも食べられるおいしさです。もやしは電子レンジで加熱するので、お湯を沸かす必要はなし!おつまみにもぴったりですよ。

材料(2人前)

  • もやし・・・200g
  • ツナ油漬け (汁ごと)・・・70g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ3
  • (A)塩こしょう・・・ひとつまみ

作り方

1.耐熱ボウルにもやしを入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで火が通るまで2分程加熱し、水気を切り、粗熱を取ります。
2.ボウルに1、ツナ油漬け、(A)を入れ和えたら、器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ