2020.5.22

にんじんの保存方法|長持ちのコツ|乾燥と湿気を防ぐ

どんなメニューにも活用でき、彩りも良いにんじんは、ポピュラーな野菜のひとつですよね。にんじんを使うだけで食卓が明るくなるので、なにかと重宝する野菜です。

そんなにんじんの正しい保存方法は案外知られていないもの。 どんなメニューにでも活用できる食材であることからも、正しい保存方法でおいしさを長持ちさせたいですね。

今回はにんじんの正しい保存方法についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

保存のポイントは乾燥対策!

■冷蔵庫で保存

◯丸ごと1本の場合
①新聞紙やキッチンペーパーでにんじんを包む
②冷蔵庫の野菜室で保存する

【ポイント】
・包む前に洗う必要はありません。
・新聞紙またはキッチンペーパーで包むことで、湿気や乾燥からにんじんを守ることができます。

◯使いかけの場合
①全体をラップでしっかりと包む
②冷蔵庫の野菜室で保存する

【ポイント】
・切り口から傷んできてしまうので、特に断面をしっかりと包みましょう。

■冷凍庫で保存

 

◯そのまま冷凍する
①使いやすい大きさに切り分ける
②冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存する

【ポイント】
・調理する際は、凍ったまま鍋やフライパンに入れることができます。
・短冊切りやいちょう切り、輪切りなど、用途に合わせて切っておくのがおすすめです。
・召し上がる際は必ず加熱するようにしてください。

◯固ゆでしてから冷凍する
①乱切りなど、使いやすい大きさに切り分ける
②沸騰したお湯で2分程度加熱し、固ゆでする
③冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存する

【ポイント】
・加熱することで繊維が柔らかくなるので、食感が保たれます。
・調理する際は、凍ったまま鍋やフライパンに入れることができます。

正しい保存でおいしさ長持ち!

今回は、にんじんの保存方法をご紹介しました。ジャンルを問わず相性のいいにんじんは、日々の食卓にも積極的に取り入れたい食材です。

無駄なく食べるためにも、今回ご紹介した保存方法を試してみてくださいね。

またクラシルでは、にんじんの選び方についてもご紹介しています。ぜひこちらも参考にしてみてください。

にんじんの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

人気のカテゴリ