2020.6.12

砂糖の種類|風味の違いやそれぞれの特徴は?

砂糖の種類や名前って?

砂糖には、色や風味、形状が異なるたくさんの種類があります。実際にスーパーの砂糖コーナーに行ってみると、ザラメ糖やてんさい糖など、あまり使ったことのない砂糖がたくさん並んでいますよね。そこで今回は、代表的な砂糖の種類やその特徴、おすすめの調理法をご紹介します。色々な砂糖の違いを押さえて、毎日の料理に活かしてみましょう!

砂糖は大きく分けて2種類

日本で多く使われている砂糖の原材料は、「さとうきび」と「てんさい(さとう大根)」です。砂糖は製造方法によって色や風味が異なり、「精製糖(分蜜糖)」と「含蜜糖」の2種類に分けられます。

◼︎精製糖(分蜜糖)
原料糖を精製する過程で不純物やミネラルを取り除き、甘味成分である「ショ糖」だけを結晶化させたものです。一般的には色が白くてクセがなく、糖分以外の栄養素はほどんど含まれていません。上白糖、グラニュー糖、ザラメ糖、三温糖などがこれに当たります。

◼︎含蜜糖
原料糖を精製する過程でミネラルを分離させず、そのまま煮詰めて結晶化させたものです。色が茶色く特有の風味があり、糖分の他にもカリウムやカルシウム、鉄などのミネラル分を含みます。黒糖、きび砂糖、てんさい糖、和三盆糖などがこれに当たります。

知って楽しい!代表的な砂糖の種類と特徴

ここからは、代表的な砂糖の種類やその特徴、おすすめの調理法などをご紹介します。色々な砂糖の特徴を押さえて、毎日の料理に活かしてみましょう!

人気のカテゴリ