2022.6.16

毎日の朝ごはんにも!簡単アレンジで脱マンネリできる“朝食パン”レシピ5選

ささっとおいしい朝食を作りたいけれど、メニューがマンネリ化しがちとお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、簡単アレンジ朝食パンのレシピをご紹介します。くり抜き食パンハムエッグやチーズパンプディングなど、簡単に作れて食べ応えのあるレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ワンパンで朝ごはん くり抜き食パンハムエッグ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

朝ごはんにぴったり!くり抜き食パンハムエッグをご紹介します。バターでカリッと焼いた食パンに、とろとろのチーズや濃厚な卵、ハムの塩気がよく合い、食べ進める手が止まらないおいしさです。丸い抜き型がない場合には、包丁で四角に切ってもいいですよ。忙しい朝にもささっとお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • 食パン (6枚切)・・・1枚
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • 卵・・・1個
  • ハム・・・1枚
  • 有塩バター・・・10g
  • 黒こしょう・・・少々
  • グリーンリーフ・・・1枚

作り方

1.食パンの中央を丸くくり抜きます。
2.フライパンを中火に熱し、有塩バターを入れて溶かし、1の外側を焼きます。
3.中央に卵を落とし、ピザ用チーズ、ハムの順に乗せ、1のくり抜いた方の食パンをかぶせ、ひっくり返します。
4.焼き目が付いたらグリーンリーフを敷いたお皿に盛り、黒こしょうをかけて完成です。

2.手軽にパクパク食べられる!食パンでウインナーロール

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

いつもの食パンを使って、ウインナーロールを作ってみましょう。食パンに、ウインナーや卵、チーズを巻いて焼きあげました。ケチャップがよく合い、やみつきになる味わいですよ。パクッと食べやすい形で、お子様にも喜ばれること間違いなしです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 食パン (6枚切)・・・2枚
  • ウインナー・・・2本
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • 牛乳・・・大さじ1
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • ケチャップ・・・大さじ2

-----付け合わせ-----

  • レタス・・・適量
  • ミニトマト・・・2個

作り方

1.食パンは耳の部分を切り落とします。
2.耐熱ボウルに卵、牛乳を入れて混ぜ合わせます。ラップをかけ、600Wの電子レンジで1分加熱し、再び混ぜ合わせます。
3.1を麺棒で伸ばし、ウインナー、2、ケチャップ、チーズをのせて巻きます。
4.フライパンを中火で熱し、3のとじ目を下にして焼きます。転がしながら焼き、全体に焼き色がつき、中まで火が通ったら火から下ろします。
5.器にレタス、ミニトマト、4を盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※今回は非加熱でも召し上がれるウインナーを使用しています。ご使用のものによっては加熱しないと召し上がれないものもございますので、パッケージの表記をご確認ください。

3.朝食にも 甘じょっぱいチーズパンプディング

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘じょっぱい味わいがたまらない!チーズパンプディングのレシピをご紹介します。はちみつの甘さとチーズの塩気がマッチした、クセになる味わいです。食パンには、やさしい甘さの卵液がジュワ〜ッとたっぷり染み込んでいて、ひと口食べると幸せな気持ちになれる一品ですよ。ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • 食パン (6枚切)・・・1枚
  • (A)卵・・・1個
  • (A)牛乳・・・150ml
  • (A)砂糖・・・大さじ2
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • はちみつ・・・大さじ1

作り方

1.食パンは一口大に切ります。
2.ボウルに(A)を入れてよく混ぜ合わせ、1を加え、全体に卵液が染みるまで10分ほど置きます。
3.グラタン皿に2を敷き詰めて、残りの卵液を流し入れ、ピザ用チーズをのせます。オーブントースターで5分焼き、途中でアルミホイルをかけて5分焼き、アルミホイルを外してさらに5分焼き、表面に焼き目を付けます。
4.はちみつをかけて完成です。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。 1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

人気のカテゴリ