最終更新日 2024.7.18

世界で1番“スイカ”を生産しているのはどこ?3位インド、2位トルコ、ダントツ1位は…

世界で1番“スイカ”を生産しているのはどこ?3位インド、2位トルコ、ダントツ1位は…

暑い夏にぴったりなフルーツといえば「すいか」。そのすいかの生産量がいちばん多い国はどこでしょうか?ぜひ、予測してみてくださいね!ランキングのあとは、すいかを使ったレシピをご紹介しますよ。ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ランキングの発表!

さっそくランキングの発表です!このランキングは、FAOの調査を参考に作成しました。2022年の年間のスイカ生産量を比べています。さて、1位の国は…?

​​第5位・・・ブラジル    1,912,909.00 t

第4位・・・アルジェリア  2,022,891.72 t

第3位・・・インド     3,308,000.00 t

第2位・・・トルコ     3,394,783.00 t

気になる第1位は...。

第1位・・・中国     60,386,120.87 t

1位は中国でした!
2位以下に大きく差をつけて1位となった中国。すいかがたくさん生産されているイメージを持っている人は、あまりいなかったかもしれませんね。予想は当たっていましたか?

すいかはウリ科の植物で、分類上は野菜なのですが、実際は「果物」として認識している人も多いですよね。市場やスーパーなどでも「果物」に位置づけられています。

すいかは水分を多く含んでいるので、夏の水分補給にもぴったり!近年では小玉すいかが多く出回るようになり、保存もしやすく食べきりサイズで人気がありますよ。

すいかを使ったおすすめレシピをご紹介!

さて、ここからはクイズの問題にちなんで、すいかを使ったさっぱりおいしいレシピをご紹介します。すいかとヨーグルトのシャーベットや、白玉すいか寒天など、暑い日に食べたくなるレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.すいかとヨーグルトのシャーベット

※クリックすると別のページに遷移します

ひんやりおいしい、すいかとヨーグルトのシャーベットをご紹介します。主な材料はたったの3つ!なめらかにしたスイカにヨーグルトとグラニュー糖を混ぜて冷やし固めるだけなので、簡単にお作りいただけます。すいかの甘みとヨーグルトの程よい酸味であと味がさっぱりしているので、食後のデザートにもおすすめですよ。

材料(2人前)

  • すいか (正味量)・・・400g
  • 無糖ヨーグルト・・・200g
  • グラニュー糖・・・大さじ3

トッピング

  • ミント・・・適量

作り方

1.すいかは一口大に切り、竹串で表面の種を取り除きます。
2.フードプロセッサーに1を入れて、なめらかになるまで撹拌します。
3.ザルで濾し、無糖ヨーグルト、グラニュー糖を入れて、グラニュー糖が溶けるまでよく混ぜ合わせます。
4.バットに流し入れ、ラップをかけて、冷凍庫で1時間程冷やし固めます。
5.一度取り出してフォークでかき混ぜ、ラップをかけて、再び冷凍庫で1時間程冷やし固めます。同じように2回くり返します。
6.固まったら器に盛り付け、ミントをのせて完成です。

2.白玉すいか寒天

※クリックすると別のページに遷移します

見た目も涼しげな、白玉すいか寒天はいかがでしょうか。すいかの果汁をたっぷり使った寒天を口に入れると、すいかの風味がフワッと広がりますよ。上品な甘さで、お茶うけなどにもぴったりです。白玉のもちもちとした食感も楽しく、色合いもきれいに仕上がるので、おもてなしなどにもおすすめですよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • すいか (正味量)・・・300g
  • 水・・・50ml
  • 粉寒天・・・3g
  • 砂糖・・・大さじ1

白玉

  • 白玉粉・・・60g
  • 水・・・60ml
  • お湯 (ゆでる用)・・・適量
  • 水 (冷ます用)・・・適量

シロップ

  • 水・・・200ml
  • グラニュー糖・・・100g

トッピング

  • ミント (生)・・・適量

作り方

準備.寒天流は水にぬらしておきます。 すいかは皮を切り落としておきます。
1.鍋にシロップの材料を入れ、中火にかけて沸騰させ、グラニュー糖が溶けたら火から下ろします。ボウルに移して粗熱を取り、ラップをかけて冷蔵庫で30分程冷やします。
2.すいかは乱切りにします。別のボウルに移してフォークと麺棒でよくつぶし、ザルに入れて濾します。
3.別の鍋に水、粉寒天を入れ、弱火にかけて混ぜながら沸騰させます。沸騰状態を保ったまま、1分程かき混ぜながら加熱して煮溶かします。
4.砂糖、2を入れ、中火で再度沸騰させて1分程加熱し、火から下ろします。
5.粗熱が取れたら、型に入れてラップをかけ、冷蔵庫で40分程冷やし固め、2cm角に切ります。
6.別のボウルに白玉粉、水を少しずつ加えながら耳たぶ程のやわらかさになるまでよく捏ねます。6等分に丸く成形し、中央にくぼみを作ります。
7.お湯を沸騰させた別の鍋に6を入れ、浮かび上がったら中に火が通るまで1分程ゆで、水を張ったボウルに入れて冷まします。
8.器に5、水気を切った7を盛り付け、1を注ぎ入れ、ミントをのせて完成です。

3.すいかのデザートピザ 

※クリックすると別のページに遷移します

お好みのフルーツを盛り付けて楽しめる、すいかのデザートピザはパーティーにぴったりな一品です。2cm幅の輪切りにしたスイカの上に無糖のヨーグルトをのせ、バナナ、キウイ、ブルーベリーをトッピングして華やかに仕上げた一品です。ピザのように6等分に切ると食べやすく、盛り上がること間違いなしですよ!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • すいか (小玉)・・・300g
  • ギリシャ風ヨーグルト (無糖)・・・大さじ2
  • バナナ・・・1/2本
  • レモン汁・・・小さじ1
  • キウイ・・・1/2個
  • ブルーベリー・・・3粒
  • ミント・・・適量

作り方

準備.キウイの皮をむいておきます。 すいかは2cm幅の輪切りにしておきます。
1.キウイは薄い輪切りにします。
2.ブルーベリーは半分に切ります。
3.バナナは薄い輪切りにして、レモン汁をまぶします。
4.すいかの上にギリシャ風ヨーグルトを広げ、1、2、3をのせます。6等分に切り、ミントを飾って完成です。

すいかの新しい食べ方を発見!

いかがでしたか?今回はすいかの生産量のランキングクイズと、すいかを使ったレシピをご紹介しました。そのまま食べることが多いすいかですが、ご紹介したレシピのようにデザートにアレンジをすると、いつもと違ったすいかのおいしさを発見することができるかもしれませんよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

[出典]FAO - FAOSTAT, Countries by commodity, Top 20 Country Production of Watermelons

人気のカテゴリ