最終更新日 2022.5.3

GWこそ料理を楽しむ!おうちで手作りしてみたい“絶品ごちそう”レシピ5選

4.タラとあさりでアクアパッツァ風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お休みの日のディナーに、タラとあさりでアクアパッツァ風はいかがでしょうか。あさりのだしがスープによく染み出していて、最後の一滴まで飲み干したくなるおいしさですよ。ミニトマトの酸味と旨みがアクセントになり絶品です。タイやイサキ、スズキなどお好みの白身魚にアレンジしてもおいしく召し上がれるので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • タラ (切り身)・・・200g
  • 塩・・・ふたつまみ
  • 白こしょう・・・ふたつまみ
  • アサリ (砂抜き済み)・・・100g
  • しめじ・・・50g
  • ミニトマト・・・6個
  • ニンニク・・・5g
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • 白ワイン・・・100ml
  • パセリ (みじん切り)・・・適量

作り方

1.タラの両面に塩と白こしょうをふります。
2.しめじは石づきを取り手でほぐします。
3.ニンニクは粗みじん切りにします。
4.フライパンにオリーブオイルを入れて弱火にかけ3をいれ、ニンニクの香りが立ったら1を入れて中火で両面を焼いて薄く焼き色をつけます。
5.2、アサリ、ミニトマト、白ワインを入れ、中火で加熱し、煮立ったら蓋をして10分ほど加熱します。
6.タラとアサリに火が通ったら火から下ろします。お皿に盛り付け、パセリを散らして完成です。

こちらのレシピは白ワインを使用しております。加熱の状態によってはアルコールが含まれる可能性がありますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠中の方、授乳中の方はご注意ください。また、運転時、スポーツ時、入浴時はアルコールの摂取をお控えください。

5.丁寧に作る 大人の本格ビーフシチュー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

じっくりコトコト煮込む、大人の本格ビーフシチューをご紹介します。牛肉と野菜がゴロゴロ入っているので、食べごたえ抜群ですよ。ごはんやパンに合うのはもちろん、ワインと一緒に楽しむのもおすすめですよ。赤ワインをいれることで、奥深い味わいに仕上げることができます。ぜひお試しくださいね。

材料(4人前)

  • 牛バラ肉 (ブロック)・・・400g
  • 塩こしょう・・・小さじ1/4
  • 玉ねぎ・・・1個
  • にんじん・・・1本
  • ブラウンマッシュルーム・・・4個
  • 赤ワイン・・・400ml
  • (A)ビーフシチュールー・・・125g
  • (A)水・・・300ml
  • (A)ウスターソース・・・大さじ1
  • (A)ローリエ・・・1枚
  • 有塩バター・・・15g
  • サラダ油・・・小さじ2
  • 生クリーム (飾り用)・・・適量

作り方

準備.にんじんは皮を剥いておきます。
1.玉ねぎはくし切りにします。にんじんは大きめの乱切りにし、ブラウンマッシュルームは縦半分に切ります。
2.牛バラ肉はひと口大に切ります。塩こしょう少々をふって手でかるく揉み込みます。
3.フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱し2を並べ入れ、返しながら全体を3分ほど焼きます。
4.焼き色がついたら玉ねぎを加え、しんなりとするまで3分ほど炒めます。
5.赤ワインを加え、落し蓋をし煮詰めます。半量になったら、(A)を加え煮立たせます。
6.煮立ったら蓋をして、弱火で1時間ほど煮ます。
7.にんじんとブラウンマッシュルームを加えて、柔らかくなるまで更に弱火で30分ほど煮たら、仕上げに有塩バターを溶かし入れます。
8.お皿に盛り付けて、生クリームを回しかけたら完成です。

こちらのレシピは赤ワインを使用しております。加熱の状態によってはアルコールが含まれる可能性がありますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠中の方、授乳中の方はご注意ください。また、運転時、スポーツ時、入浴時はアルコールの摂取をお控えください。

時間があるときには料理をじっくり楽しんでみよう!

いかがでしたか。連休中に作りたいごちそうレシピをご紹介しました。普段は忙しい日が続いても、ゴールデンウイークには少し余裕が持てるという方も多いのではないでしょうか。ぜひ今回ご紹介したレシピを参考にしていただき、お料理をゆっくり楽しんでくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ