2022.6.27

包丁いらずでどんどんむける!専門家に聞いた“大根の皮”を簡単にむく裏ワザ

煮物やおみそ汁、サラダや大根おろしなど、使い方次第でさまざまな味わいが楽しめる大根。食卓に登場する回数も多いと思いますが、皮をきれいにむくのにはちょっと手間がかかりますよね。そこで今回は、クラシルの管理栄養士(樺沢風音さん)がおすすめする、包丁を使わずに大根の皮を簡単にむく方法を検証しました。裏ワザ検証の後には、おいしい大根レシピもご紹介していますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

早速検証スタート!

今回大根の皮をむくのに使うのは、爪楊枝です。

これがあれば、簡単に大根の皮をむくことができるんだそう。どのくらいキレイにむけるのか、早速チャレンジしてみましょう!

10センチの輪切りにした大根を用意します。まず、爪楊枝を使って皮の表面を縦方向に切り込みを入れていきます。

内側にある筋部分まで達するように、大体3mm程の深さまで切ってください。少し斜めに爪楊枝を差し込んで切り込みを入れておくと、皮をむく際に楽になりますよ。

切り込みを入れたら、爪楊枝を切り込みにそってあて、左右に滑らせながら大根の皮を実からはがすようにゆっくりと押し上げていきます。

皮と実がはがれてきたら、大根の中央に親指を添えて、爪楊枝ごしに皮をグイグイと押していきます。大根を回しながら皮を押し上げ、実から皮をはがしていくと…。

結果はこちら!

とっても簡単に皮がむけました!実の状態もつるつるでキレイに仕上がっています。

皮だけがキレイにむけた!

「爪楊枝」を使う裏技を検証してみた結果、想像以上にきれいに大根の皮をむくことができました!根が生えている部分はむきにくいのですが、爪楊枝の先を使って皮と実を切り離せば、問題なく最後までむくことができますよ。このやり方はとっても簡単で、しかも皮をむきすぎてしまう心配がないのもうれしいポイントです。うまく皮がむけると、料理もキレイに仕上がりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

おすすめレシピをご紹介!

ここからは、大根を使って作るおすすめレシピをご紹介します。今回は大根を鶏肉と一緒に煮込むさっぱりとした煮物をピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

鶏と大根のさっぱり煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

具材ふたつで手軽に作れる、鶏と大根のさっぱり煮をご紹介します。鶏もも肉の旨みが大根に染みこみ、箸の止まらないおいしさ!煮汁にお酢やすりおろし生姜を加えているので、さっぱりとした仕上がりになり、ごはんとの相性も抜群ですよ!にんじんなどほかの具材を入れてアレンジもお楽しみいただけますので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 大根・・・200g
  • 鶏もも肉・・・200g

-----煮汁-----

  • 水・・・300ml
  • 酢・・・50ml
  • しょうゆ・・・大さじ1.5
  • 料理酒・・・大さじ1.5
  • 砂糖・・・大さじ1.5
  • すりおろし生姜・・・小さじ2
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1
  • サラダ油・・・小さじ2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.大根は皮をむいておきます。
1.大根は1cm幅の半月切りにします。
2.鶏もも肉は一口大に切ります。
3.中火に熱した鍋にサラダ油をひき、2を入れて炒めます。鶏もも肉の色が変わったら、1と 煮汁の材料を入れて強火でひと煮立ちさせ、アクを取り除きます。
4.蓋をして大根が柔らかくなるまで中火で30分程煮込みます。
5.器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

爪楊枝一本あればできる簡単裏技!

いかがでしたか?今回は管理栄養士がおすすめする、大根の皮を簡単にむく方法と、おすすめレシピをご紹介しました。この裏技を試せば、お料理初心者さんでも簡単に下処理ができますよ。おすすめのレシピとあわせて参考にしていただき、ぜひおいしい大根料理にチャレンジしてみてくださいね。

監修:クラシル 管理栄養士 樺沢風音

人気のカテゴリ