最終更新日 2020.10.16

りんごの保存方法|長持ちのコツ|常温・冷蔵・冷凍を使い分け

夏の終わりごろから秋にかけて収穫がはじまり、11~12月に流通のピークを迎えるりんご。この時期になると、りんごを箱ごと買ったりもらったりする機会が増え、保存に困ることがありませんか?

数個ならすぐ食べてしまえばいいのですが、大量のりんごはそうはいきませんよね。
では、りんごの鮮度を保ち、長持ちさせるにはどのように保存すればいいのでしょうか?今回は、「りんご」の正しい保存の仕方についてご紹介します。

保存のポイントは「低温管理」と「乾燥防止」

りんごはスーパーなどでは常温で販売されていますが、それは一定の温度で管理されているためです。自宅では、温度の違いによって保存の仕方を変えることで鮮度を保てますよ。

りんごは寒さに強いですが温度変化と乾燥に弱いので、高温や直射日光を避け、温度の低い場所で保存し、乾燥からりんごを守ることが大切です。

■りんごを常温で保存する場合
冬の寒い季節は常温で保存できますが、夏場や冬でも暖房が効いている部屋での保存は避け、風通しのいい冷暗所で保存することが大切です。部屋に仕切りがなく温度調節が難しい場合には、日光が当たらないベランダに置いておくのもおすすめですよ。

①1個ずつ新聞紙かキッチンペーパーで包む
②常温で保存

【ポイント】
りんごは水分を失うことで、おいしさも失ってしまいます。乾燥しないように気をつけることがポイントです。

■りんごを冷蔵庫で保存する場合
りんごに適した保存温度は0~5℃と言われています。暑い季節はもちろん、冬でも適した場所がない場合は、冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。

①1個ずつ新聞紙かキッチンペーパーで包む
②1個ずつポリ袋に入れる
③冷蔵庫で保存

【ポイント】
・りんごの保存には湿度も大切なんです。最適な湿度は85~90%。手間はかかりますが、新聞紙で1個ずつりんごを包んでからポリ袋に入れると、新聞紙が湿度調節を行ってくれるので、よりおいしさをキープできますよ!
・ポリ袋に入れることで、りんごから放出される「エチレンガス(熟成を促進する)」によって他の果物や野菜が傷むのを防ぐことができます。

■りんごは冷凍庫でも保存できる!?
実は冷凍保存も可能です。丸ごと1個冷凍することはできませんが、薄くスライスしてから冷凍庫で保存して、半解凍で食べるとシャーベットのような味わいが楽しめますよ。スムージーやアップルパイなど、お菓子作りに活用するのもおすすめです。

《冷凍保存の仕方》
①りんごを薄く切る
②塩水かレモン汁が入った水に浸けて変色を防ぐ ③水気をよく拭き取る
④冷凍用保存袋に重ならないように入れる
⑤空気を抜いて密封してから冷凍庫に入れる

【ポイント】
りんごの皮は、用途や好みに合わせてむいてくださいね。

■段ボールに入ったりんごを保存する場合
段ボールに入ったりんごは、箱に入ったままの状態で保存しがちですが、りんごもお互いのエチレンガスで熟成が促進されます。

①1個ずつ新聞紙かキッチンペーパーで包む
②段ボールに入れて保存

【ポイント】
新聞紙やキッチンペーパーで包むことで、乾燥を防いでくれるので、おいしさも長持ちしますよ。

正しい保存でおいしさ長持ち!

年間通して手に入りやすいりんごですが、やはり旬の時期に食べるのが一番ですよね。乾燥を避け、低い温度で保存することが、おいしさをキープするポイントです。あとは季節や状況に応じて常温か冷蔵庫を使い分けて保存しましょう。

クラシルではりんごの選び方についてもご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

りんご‌‌‌の‌‌‌選‌‌‌び‌‌‌方‌‌‌と‌‌‌栄‌‌‌養‌‌‌素‌‌‌|‌‌‌買‌‌‌い‌‌‌物‌‌‌で‌‌‌役‌‌‌立‌‌‌つ‌‌‌基‌‌‌本‌‌‌の‌‌‌ ‌「き」‌‌‌

人気のカテゴリ