2022.2.3

いつものお弁当が変身!ちょこっとアレンジの“卵焼き”レシピ5選

手軽に作れて、みんなが大好きな「卵焼き」。シンプルなものもおいしいですが、バリエーションを増やしたいと思ったことはありませんか?今回は、お弁当にも使えるアレンジ卵焼きのレシピをご紹介します。青のり香る卵焼きやツナマヨ入り卵焼きなど、いつもとはひと味違う卵焼きのレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.めんつゆで簡単 長ねぎの玉子焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキ食感がクセになる!長ねぎの卵焼きをご紹介します。めんつゆで味つけするので、手間をかけなくても旨みたっぷりに仕上がります。トッピングのかつお節の風味が豊かで、上品な味わいの卵焼きによく合いますよ。10分で作れるので、あと一品に困ったときにもお試しいただきたいレシピです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 長ねぎ・・・1/3本
  • 卵・・・3個
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・小さじ2
  • (A)みりん・・・小さじ1
  • サラダ油・・・小さじ1
  • かつお節・・・適量

作り方

1.長ねぎはみじん切りにします。
2.ボウルに卵を入れてよく溶きほぐし、1と(A)を加えて混ぜます。
3.卵焼き器にサラダ油を入れてキッチンペーパーで薄く伸ばし、中火で熱します。
4.2を1/3量流し入れ、縁が固まってきたら耐熱性のフライ返しを使って奥から手前に巻き、奥に寄せます。
5.同様に計3回焼いて巻きます。
6.一口大に切って器に盛り付け、かつお節をのせて完成です。

2.とろーり キムチーズの卵焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

今晩のおつまみに、ピリッと辛いキムチーズの卵焼きはいかがでしょうか。キムチとチーズの黄金コンビの組み合わせがたまらない一品です。ごはんにもよく合って、お箸の止まらないおいしさですよ。卵に馴染んだトロトロのチーズが絶品!ぜひアツアツのうちに召し上がって、トロトロのチーズを楽しんでくださいね。

材料(2人前)

  • 溶き卵・・・2個分
  • キムチ・・・50g
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • (A)薄口しょうゆ・・・小さじ1/2
  • (A)酒・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・少々
  • ごま油・・・小さじ1

作り方

1.ボウルに溶き卵、(A)を入れ混ぜ合わせます。
2.フライパンにごま油をキッチンペーパーで薄く敷いて中火で熱し、1の半分ほどの量を入れて薄く広げ、奥側にキムチとピザ用チーズを棒状に並べます。
3.奥からキムチとピザ用チーズを軸にして巻いていきます。巻き終えたら、卵を奥に移動させて、1の残りの半分の量を入れ、手前に巻きます。残った1を使って、同じように巻きます。
4.食べやすい大きさにカットし、器に盛って完成です。

3.青のり香る卵焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

磯の香りがたまらない、青のりの入った卵焼きのレシピをご紹介します。青のりの風味に甘めの卵焼きがよく合い、とてもおいしいですよ。いつもの卵焼きに青のりを加えるだけで、ぐっと風味が豊かになり、ワンランク上の味わいをお楽しみいただけます。おうちに青のりが余っているときにも、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 卵・・・2個
  • 青のり・・・ひとつまみ
  • しょうゆ・・・小さじ1/2
  • みりん・・・小さじ1/2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 塩・・・少々
  • サラダ油・・・小さじ1

作り方

1.ボウルにサラダ油以外の材料を入れて、混ぜ合わせます。
2.卵焼き用のフライパンに半量のサラダ油を入れて、中火で熱し、余分な油をクッキングペーパーで取ります。
3.卵液の1/3を流し入れ、弱火で加熱し、折りたたみます。これを3回繰り返します。
4.温かいうちに形を整えて、6等分に切ります。

人気のカテゴリ