2022.3.21

「野菜ひとつで作れる!」お弁当にあると便利な“彩りおかず”レシピ5選

4.揚げない お手軽 大学かぼちゃ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘じょっぱい味わいがクセになる!大学かぼちゃはいかがでしょうか。はちみつとみりんの入った甘めの味つけですが、香ばしいしょうゆの風味が食欲をそそり、ごはんのおかずにもぴったりですよ。少ない油でお作りいただけるので、お料理初心者の方にも気軽に挑戦していただけるレシピです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • かぼちゃ (正味量)・・・200g
  • (A)はちみつ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)黒いりごま・・・大さじ1/2
  • サラダ油・・・大さじ2

作り方

準備.かぼちゃの種とワタを取り除いておきます。
1.かぼちゃは皮付きのまま1cm角の棒状に切ります。
2.耐熱ボウルに入れてラップをかけ、500Wの電子レンジで2分加熱します。
3.フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、2を入れます。表面がカリッとするまで炒めます。
4.(A)を加えて中火のまま炒め、全体に味がなじんだら火から下ろします。器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

5.たっぷり胡麻のほうれん草の和え物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お弁当を彩る、ほうれん草の黒ごま和えをご紹介します。黒すりごまの香ばしい味わいや風味を、たっぷりと楽しめる一品です。少し甘めの和え衣が馴染んだ、みずみずしいほうれん草がとてもおいしいですよ。ほうれん草をゆでるお湯に塩を加えることで、ゆであがりが色鮮やかに仕上がります。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ほうれん草・・・1株
  • 水 (塩茹で用)・・・1000ml
  • 塩 (塩茹で用)・・・小さじ1
  • 氷水・・・適量
  • 黒すりごま・・・大さじ2
  • 砂糖・・・小さじ2
  • しょうゆ・・・小さじ2

作り方

1.ほうれん草は5cm幅に切ります。
2.鍋に水と塩を入れ、塩茹で用のお湯を中火で沸かします。
3.2が沸騰したらほうれん草を加え中火で1分程茹でます。茹で上がったらザルにあげ、氷水で冷やします。よく冷えたら綺麗な布巾で水気をよく絞ります。
4.3をボウルに入れ、すりごま、砂糖を加えて和えます。よく混ざったらしょうゆをかけてさらに和えます。
5.器に4を盛り付けて完成です。

簡単おかずでお弁当を彩ろう!

いかがでしたか。野菜ひとつで作る、簡単おかずのレシピをご紹介しました。どれも簡単に作れて、見た目も味も大満足のレシピばかりです。お気に入りのレシピをぜひお試しいただき、お弁当レシピのレパートリーに加えてみてくださいね

※お弁当として持ち運ぶ際は食中毒に配慮し、衛生的な環境下で調理を行ってください。持ち運びの際は保冷剤をつけて冷蔵庫やなるべく涼しい場所に保管してください。加熱の必要があるものは必ずよく火を通し、しっかりと粗熱を取り、余分な汁気は切ってからお弁当に詰めてください。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ