2021.2.5

牛リブロースの保存方法|長持ちのコツ|空気に触れさせない

キメ細かくリッチな味わいが楽しめる「牛リブロース」。特に和牛リブロースのステーキは、特別な日のディナーやおもてなしにぴったりですよね。

しかし、せっかくおいしい牛リブロースを手に入れたのに、冷凍したら茶色く変色してパサパサになってしまった、という経験はありませんか?そこで今回は、牛リブロースの正しい保存方法と長持ちのコツをご紹介します。しっかりとポイントを押さえて、おいしさを長持ちさせましょう!

冷蔵保存で早めに食べきるのがおすすめ

牛リブロースは、サーロインと並ぶ牛肉の最高級部位。特別なお肉だからこそ、一番おいしい状態でいただきたいですよね。そんな牛リブロースを保存する際は、冷蔵庫のチルド室に入れてできる限り早めに食べきってしまうのがおすすめです。冷凍保存することもできますが、やはり新鮮なものに比べるとおいしさは劣ってしまうもの。どうしても一度に食べきれない場合は、しっかりとポイントを押さえながら冷凍するようにしましょう。

冷蔵は「空気に触れさせない」

牛リブロースを冷蔵保存する際に最も大切なポイントは、「空気に触れさせない」ことです。牛肉は空気に触れた部分から酸化し、茶色く変色してしまいます。

■冷蔵保存する場合
①牛リブロースをパックから取り出し、乾いたキッチンペーパーで水気をふき取る
②薄切り肉は3〜4枚ずつ、ステーキ肉は1枚ずつラップでぴったりと包む
③数枚まとめてジップ付保存袋に入れ、できる限り空気を抜く
④冷蔵庫のチルド室で保存する

【ポイント】
・薄切り肉を重ねる際は、薄く平らに並べるようにしましょう。
・お肉をラップで包む際は、空気に触れないようにぴったりと包みましょう。
・冷蔵保存する場合は消費期限を守り、できる限り早めに食べきるようにしましょう。

冷凍は「できる限り短時間で」

牛リブロースを冷凍する際に最も大切なポイントは、「できる限り短時間で冷凍する」ことです。0℃〜5℃の間を短時間で通過して冷凍することで、おいしさを長持ちさせることができます。

■冷凍保存する場合
①牛リブロースをパックから取り出し、乾いたキッチンペーパーで水気をふき取る
②薄切り肉は3〜4枚ずつ、ステーキ肉は1枚ずつラップでぴったりと包む
③金属トレーに重ならないように並べ、冷凍庫に入れて凍らせる
④完全に凍ったら冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存する

人気のカテゴリ