2022.2.27

「10分でパパッと完成!」忙しい朝にも助かる"時短ごはん"レシピ5選

バタバタとして時間のない朝は、少しでも簡単に朝ごはんの準備を済ませたいですよね。今回はたった10分で作れる、朝ごはんのレシピをご紹介します。電子レンジで作る簡単ハムエッグやベーコンチーズ蒸しパンなどをピックアップしました。簡単なのにおいしくて食べ応えのあるレシピなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ガーリックしょうゆで ワンパンベーコンエッグ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ほんのり甘いガーリックしょうゆ風味が食欲をそそる、ベーコンエッグ丼のレシピをご紹介します。フライパンひとつでお作りいただけるので、忙しい朝にぴったりの一品です。カリカリのベーコンと半熟の目玉焼きは、間違いのない組み合わせ!ピリッと辛い黒こしょうがアクセントになってどんどん食べ進められますよ。ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • ブロックベーコン・・・100g
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)みりん・・・小さじ2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 黒こしょう・・・適量

作り方

1.ブロックベーコンは5mm幅に切ります。
2.中火で熱したフライパンに1を入れ、全体に焼き色が付いたら取り出します。
3.同じフライパンに卵を割り入れ、弱火にし、半熟状になるまで焼き、取り出します。
4.同じフライパンを中火で熱し、(A)を入れひと煮立ちしたら火から下ろします。
5.器にごはんをよそい、2、3をのせ、4をかけ、黒こしょうをふりかけたら出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.朝ごはんに 電子レンジで簡単ハムエッグ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

朝ごはんに、電子レンジを使って簡単ハムエッグを作ってみましょう!卵のやさしい味わいとハムの塩気がマッチして、やみつきになるおいしさですよ。卵は溶いてから加熱するので、いつものハムエッグとはひと味違うふわふわ食感をお楽しみいただけます。朝ごはんにはもちろん、あと一品に迷ったときにもおすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・2個分
  • キャベツ・・・80g
  • ロースハム・・・2枚
  • 塩こしょう・・・小さじ1/4
  • ケチャップ・・・大さじ1

作り方

1.キャベツは千切りにします。
2.ココットにロースハム、1を入れて塩こしょうをかけます。
3.溶き卵を入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで4分ほど加熱します。
4.卵に火が通ったらケチャップをかけてできあがりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.朝ごはんに 時短ベイクドロールサンド

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろとろのチーズがたまらない!ベイクドロールサンドをご紹介します。薄く伸ばしたパンにスライスチーズをのせて、オーブントースターでこんがりと焼きあげました。一見意外に思える具材の組み合わせですが、やみつきになるおいしさですよ。お好みの食材を使って、アレンジもお楽しみくださいね。

材料(2本分)

  • 食パン・・・2枚
  • ちくわ・・・2本
  • きゅうり (飾り用を含む)・・・1/2本
  • スライスチーズ・・・2枚

作り方

1.きゅうりを1/4に切りちくわに詰め、残りは飾り用にします。
2.食パンの耳を切り、白い部分を麺棒で伸ばし、スライスチーズと1をのせて巻きます。
3.アルミホイルを敷いた天板に2の巻き終わりを下にして並べ、トースターでチーズが溶ける位3分程焼いて出来上がりです。

人気のカテゴリ