2022.7.10

「あと一品欲しい時に使える!」おつまみにも最適な“副菜”レシピ5選

夕飯のおかずとおつまみを別に用意するのは、大変ですよね。そこで今回はおつまみにもぴったりな副菜をご紹介します。揚げずに作れるナスの揚げ浸しや、さっぱりおひたしなどをピックアップしました。簡単に作れるお手軽レシピなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.油揚げともやしときゅうりのピリ辛和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

もう1品のおかずや、おつまみにもおすすめの油揚げともやしのピリ辛和えの紹介です。 電子レンジ加熱でシャキシャキ感を残したもやしは、オーブントースターでカリッと香ばしく焼いた油揚げとの相性抜群です! ポン酢とラー油を使ったタレはピリ辛でサッパリとしていて、暑い夏にもおすすめですよ。

材料(2人前)

  • もやし・・・200g
  • きゅうり・・・1本
  • 油揚げ・・・2枚

-----タレ-----

  • ポン酢・・・大さじ3
  • ラー油・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1

作り方

1.耐熱ボウルにもやしを入れて、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。
2.アルミホイルを敷いた天板に油揚げをのせ、焼き色がつくまでオーブントースターで3分ほど焼きます。
3.きゅうりは細切りにします。
4.2を縦半分に切り、さらに5mm幅に切ります。
5.1に3、4、タレの材料を加えて和えます。味がなじんだらお皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。
様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.小松菜となめこのさっぱりおひたし

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

つるんとのどごしなめらかななめこと、シャキシャキ歯ごたえ抜群の小松菜のさっぱりおひたしです。みりん、しょうゆ、和風だしの調味料に、かつお節の風味がきいて思わずホっとする味わいですよ。下ごしらえした小松菜となめこの水分はしっかりと切っておくと、味付けがしっかり染み込みます。ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 小松菜・・・150g
  • なめこ・・・80g
  • お湯 (茹で用)・・・適量
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • かつお節・・・2g

作り方

準備.なめこは流水で洗い、水気を切っておきます。みりんは、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとっておきます。
1.小松菜は根元を切り落とし、4cm幅に切ります。
2.耐熱ボウルに1を入れ、ふんわりとラップをし、600Wのレンジで2分加熱します。
3.鍋にお湯を沸騰させ、なめこを入れて2分程加熱し、湯切りします。
4.ボウルに水気を切った2と3、(A)を入れ、混ぜ合わせます。
5.全体によく混ざったら、お皿に盛り付け、かつお節をかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.トースターで簡単 ナスの揚げ浸し風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

揚げる行程をオーブントースターにおまかせした、ナスの揚げ浸し風を作ってみませんか。厚めに切ったナスの中までしっかり味が染み込むように、細かく切りこみを入れます。刷毛でごま油を塗ったナスを両面焼いて、調味料と千切りの大葉と混ぜ合わせれば出来上がり!食欲そそるごま油の香りと、香ばしいしょうゆベースのタレは夏のおかずにぴったりです!

材料(2人前)

  • ナス・・・2本
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • ごま油・・・大さじ1
  • 大葉・・・3枚
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)酢・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1

作り方

1.ナスはヘタを切り落とし、1cm幅の輪切りにします。両面に3mm幅の切りこみを格子状に入れます。水に5分程さらし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
2.大葉は軸を切り落とし、千切りにします。
3.アルミホイルを敷いた天板に1を並べ、刷毛で半量のごま油を塗り、オーブントースターで7分ほど焼きます。
4.表面がこんがりと色づいたら裏返し、残りのごま油を塗り、オーブントースターでさらに7分焼きます。
5.両面がこんがりと色づいたらボウルに入れ、(A)、2を加えて混ぜ合わせます。
6.器に盛り付けて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

人気のカテゴリ