トルコ宮廷料理ヒュンカル ベーエンディ

☪︎ ‘スルタン(皇帝)のお気に入り👑✨’ という料理名の オスマン帝国時代から伝わるトルコ宮廷料理🇹🇷 《ヒュンカル ベーエンディ》 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 今回ご紹介する料理は、少し前に紹介したトルコの伝統菓子《ギュルラッチ》と同じく、オスマン帝国時代から伝わる料理🕌🌙 どうやら宮廷料理で食べられていたものが、その後、広く庶民にも伝わったようです。 ベシャメルソースで和えたスモークのきいた焼きナスのピュレの上に、ゴロゴロした角切り肉のトマト煮込みをかけたコチラ。 🍆🍅🧅🧄🧀🧈🍖🥛🧂 皇帝も好んで食べたようで、トルコでは《スルタンのお気に入り》という料理名で親しまれています。 ‘スルタン’ とはオスマン帝国の皇帝のことを指します🤴🏻 本来、宮廷では羊モモ肉🍖などの羊肉で作られていたようですが、今は牛肉でも食されていて、我が家でも牛肉を使用。 もしスルタンと同じ味を召し上がりたい場合は、ぜひ羊肉でお試しください。 では作り方です🌝 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 《材料》 なす 3,4本 (400g〜500g) 牛角切り肉 450g (または羊肉) トマト 大1個 玉ねぎ 大1個 ニンニク 3片 トマトペースト 大1 水 1,5カップ 塩胡椒 オリーブオイル 【ソース用】 バター 大1 小麦粉 大1.5 牛乳 1.5カップ ピザ用チーズ 35グラム (1/2カップ) 塩胡椒 《作り方》 まず肉の煮込みを作ります。 フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りした玉ねぎをよく炒めます。 炒めたら刻んだニンニクも加えて炒めます。 肉を入れてさらに炒めます。 炒めていると水分が出てきます。 水分がなくなってきたら、トマトペーストを加えてよく混ぜて炒めます。 皮を剥いて細かく切ったトマトを加えてよく混ぜます。(📸写真2枚目) 塩胡椒、水を加えて混ぜて、グツグツしてきたら、蓋をして弱火で30分煮込みます。(📸写真3枚目) 水分がソース状になったら完成です。(📸写真4枚目) 次にナスのピュレを作ります。肉を煮込んでいる間に作るといいかもしれません。 焼きナスを作って、皮を剥き、ミンチ状に細かく切ります。(📸写真5枚目/6枚目) ※焼きナスはフライパン、オーブン、トースター、魚焼きグリル、直火など、好みの方法でお作りください。 以下、弱中火で調理します。 フライパンまたは小鍋にバターを溶かし、小麦粉を入れてよく混ぜ合わせます。(📸写真7枚目) 細かく切ったナスを入れて、よく混ぜます。(📸写真8枚目) 牛乳を半カップくらいずつ注いでよく混ぜます。(📸写真9枚目) 牛乳の水分がなくなり、しっかり混ざったら、塩胡椒を加え、最後にピザ用チーズを加えます。(📸写真10枚目) しっかり混ぜたらピュレの完成です。 皿にナスのピュレを乗せ、その上から肉を乗せて召し上がってください🍽 ※上記の分量で作ると、ナスのピュレに対して肉の煮込みが若干多めに出来上がりますが、お肉だけでも美味しく召し上がっていただけます🤍💛🧡 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 焼きナスのこおばしい香りとベシャメルソースのコクに、じっくり煮込んだトマトと玉ねぎの旨みも相まって、とっても美味しい一皿です😋 お肉もじっくり煮込んで柔らかく仕上がるので、お子様も楽しめると思います。 数百年前から作られているとは思えないくらい、素朴さも古臭さも全く感じない料理です。 久々に作って食べて、改めて、トルコ料理ってすごいなぁ!って思いました🇹🇷 トルコ料理が世界三大料理と言われる所以をしみじみ実感できる一皿だと思います🍽✨ オスマン帝国の皇帝もお気に入りだったこちらの料理、ぜひお試しください🤗 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍