食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
折り畳みレタスですごいサンドイッチ

折り畳みレタスですごいサンドイッチ

フォロー
■保存期間 冷蔵(野菜室)5日 ■紹介文 今日は、レタスを折り畳んで保存しておくと、すぐにすごいサンドイッチができます、というレシピをご紹介します。 レタスを三つ折りに畳み、さらに縦に三つ折りに畳み、裏返して軽く手で押さえて開かないようにしたものを、50℃洗いしてキッチンペーパーで包んで保存します。 「お前は何を言っているんだ」 詳しくご説明します。ぜひ、お試しくださいませ。 ■材料(4人分) レタス(レタス、グリーンリーフ、サニーレタス) 8枚 サンドイッチ用食パン または 8枚切り食パン 8枚 折り畳みレタス 8個 ベーコン 4枚 トマト 1個 スライスチーズ 4枚 バターまたはマーガリン 小さじ2 (お好みで)練りからし 2cm マヨネーズ 小さじ2 (お好みで)粒マスタード 小さじ2
■作り方 【1】レタスは、はがしてよく洗います。 硬い芯の部分や、赤くなっている根元は取り除きます。 【2】左右片方を内側に折ります。 【3】もう片方も折り畳みます。 【4】上下片方を内側に折ります。 【5】もう片方も折り畳みます。 【6】ひっくり返します。 【7】折り畳んだほうを下にします。 【8】軽く押さえ開かないようにします。 【9】レタスの中のほうの葉を使う場合は何枚か重ねて、同様に折り畳むとよいです。 【10】量産します。 保存せずすぐに使う場合は、以降の工程は必要ありません。後述の「仕上げ」に進みます。 【11】50℃洗いをします。 沸騰したお湯+同量の水で約50度のお湯を作ります。 沸騰湯と水をそれぞれ1リットルずつが目安です。 【12】ざるを重ね、折り畳んだレタスをつけます。 【13】2分程度つけて引き上げます。 数枚分まとめて行っても構いません。 【14】キッチンペーパーで包みます。 やけどに注意しましょう。 【15】レタスに水分を行き渡らせます。 保存時の水分を補います。 【16】手順15と同様にし、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫または野菜室で保存します。 凍ってしまうと大変残念な感じになりますので、冷蔵庫の温度にムラがあるなど食材が凍るおそれがある場合は、野菜室での保存をおすすめします。 ■仕上げ 【1】トマトは1cm厚さ程度(人差し指の太さの2/3目安)に切り、塩小さじ1/4(分量外)をまんべんなくまぶしつけておきます。 【2】ベーコンはサラダ油(分量外)大さじ1を中火にかけ、揚げるように炒めます。 多めの油を使うことで、カリッとなり、余分な臭みや脂が抜けます。 【3】油はねが気になる場合は、ステンレス製のざるを重ねるとよいです。 【4】こんがり、カリッと焼きます。 【5】キッチンペーパーで受け、油を切っておきます。 【6】練りからし、粒マスタードを加える場合はバターまたマーガリンと練りからし、マヨネーズと粒マスタードをそれぞれ混ぜ合わせておきます。 【7】食パンの片方にバター&練りからし、もう片方にマヨ&粒マスタードを塗りスライスチーズを乗せます。 【8】折り畳みレタスを乗せます。 【9】トマトから出てきた水分をキッチンペーパーで拭いてから乗せます。 【10】ベーコンを乗せます。 カットする方向と垂直になるように乗せましょう。 【11】さらに折り畳みレタスを乗せます。 【12】もう1枚の食パンを重ね、上から押さえます。 【13】カットします。 【14】お皿に盛り付ける際は竹串を刺すと安定します。 ■作り置きのコツ・ポイント 保存時の水分を補うようレタスに水分を行き渡らせましょう。 凍ってしまうと大変残念な感じになりますので、冷蔵庫の温度にムラがあるなど食材が凍るおそれがある場合は野菜室での保存をおすすめします。 保存容器は充分に消毒して使いましょう。 ■アレンジのヒント 具材は、ハム/チーズ/鶏肉(ゆで)/などでもどうぞ。 https://mayukitchen.com/folding-lettuce/

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画