岡山ばらずし

米やふきを使った人気の主食レシピです。 ■調理時間 50分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 636kcal ・たんぱく質 22.3g ・塩分 5.7g ・野菜摂取量 76g ■材料(5人分) ・米 3合 [A]水 3カップ [A]酒 大さじ1・1/3 [A]「ほんだし」 小さじ山盛り1 [B]米酢 70ml [B]砂糖 50g [B]「瀬戸のほんじお」 小さじ2 [B]うま味調味料「味の素®」 4ふり ・さごし・またはさわら 片身・半分 100g ・酢 大さじ3 ・小えび 100g [C]酒 大さじ3 [C]「瀬戸のほんじお」 小さじ1/3 ・高野豆腐・1cm長さ5mm幅の短冊切り 2枚 ・干ししいたけ 20g ・にんじん・3~4cm長さのせん切り 100g [D]水・干ししいたけのもどし汁と合わせて 2カップ [D]「ほんだし」 小さじ山盛り1 [D]砂糖 大さじ3 [D]しょうゆ 大さじ2 [D]「瀬戸のほんじお」 小さじ1/2 [D]みりん 大さじ2 ・ふき 4本 ・絹さや 20枚 [E]水 2カップ [E]砂糖 大さじ2 [E]「瀬戸のほんじお」 小さじ1/3 [E]しょうゆ 小さじ1 [E]「ほんだし」 小さじ1 ・れんこん・3mm幅のいちょう切り 1/2節(100g) [F]酢 1/4カップ [F]水 1/4カップ [F]砂糖 大さじ2 [F]「瀬戸のほんじお」 小さじ1/4 ・卵 2個 ・「瀬戸のほんじお」 少々 ・「AJINOMOTO サラダ油」 小さじ2 ・木の芽 適量
■つくり方 (1)米は洗い、炊飯器にAとともに入れて約1時間おいて、炊く(時間外)。干ししいたけは水につけてもどし(時間外)、薄切りにする。もどし汁はとっておく。 (2)鍋にBを入れて火にかけ、沸騰しないように煮溶かす。 (3)さごしは皮に切り込みを3~4本入れて塩少々(分量外)をふり、20分ほどおく。塩を洗い流し、水気を拭き取り、酢に10分ほどつけ、そぎ切りにする。 (4)鍋にえび、Cを入れてフタをして中火で2~3分酒炒りし、冷ましてえびの殻をむく。 (5)別鍋に高野豆腐、(1)のしいたけ、Dを入れ、落としぶたをして6~7分煮る。にんじんを加えて弱火で3~4分煮詰め、ザルに上げて汁気をしぼる。 (6)ふきは塩少々(分量外)をふり、板ずりして熱湯で2分ゆでる。水にとって冷やし、スジを取り、3~5mm幅に切る。絹さやはスジを取る。 (7)別鍋にEを煮立て、(6)を加えて3分煮て、汁ごとボウルに移し、ボウルの底を氷水につけて素早く冷ます。冷めたら絹さやは半分に切り、ふきとともに、ザルに上げる。 (8)別鍋にFを入れ、沸騰したられんこんを3分ほど煮て、そのまま冷やし、ザルに上げる。 (9)卵を割りほぐし、塩を加えて混ぜ合わせ、油小さじ2を熱したフライパンで薄焼き卵を焼き、錦糸に切る。 (10)炊き上がったご飯をすし桶に移して(2)を全体にかけ、しゃもじで切るように混ぜる。(5)の具と半量の(7)のふき、(8)のれんこんを混ぜ合わせる。 (11)平皿に(10)を盛り、(3)、(4)、(9)、残りのふき、れんこん、絹さやを彩りよく盛りつけ、木の芽を散らす。 *岡山県の郷土料理