秋刀魚(鰯・鯵)の蒲焼・梅紫蘇丼。

材料(4人分くらい) さんま(開いたもの) 4尾 ※または鰯や鯵 相当分 塩胡椒 少々 片栗粉(小麦粉でも可) 適宜 ■タレ(合わせ調味料)  醤油 大さじ2  日本酒 大さじ2  みりん 大さじ2  砂糖 大さじ1 青じそ 4~5枚 梅干し 2個 白ごま 少々 ごはん 適宜 サラダ油 小さじ1/2
ウナギではできない夢のコラボを実現!ヒカリ物(青魚)ならなんでも合います。蒲焼に梅紫蘇ごはんでさっぱり♪ 作り方 [1] さんま(いわし)は好みの大きさに切り、軽く塩胡椒して薄く片栗粉をつける。タレの材料を混ぜ合わせる。 [2] 青じそ千切り、梅干しは種を取って包丁で刻んでおく。サラダ油を熱したフライパンで皮目から焼く。両面こんがり焼く。 [3] 合わせ調味料を一気に加え、軽く煮詰めて火を止める。ごはんに青じそと梅干しを混ぜて丼に盛り、蒲焼を乗せて白ごまをふる。 [4] タレがついた梅紫蘇ごはん、さっぱりして箸が進みます。 ■コツ・ポイント 魚にあえて振る塩胡椒は私流。お好みでなしでもOKです。片栗粉でも小麦粉でもどちらでもOKです。 ■このレシピの生い立ち サンマの季節。いつもの蒲焼丼をちょこっとアレンジ。いわしやあじなどの青魚ならなんでも合います。