【弓削啓太】本気のボンゴレスパゲティ レシピ・作り方

「【弓削啓太】本気のボンゴレスパゲティ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ 2019」で優勝した、パスタ世界一の弓削啓太シェフに教えていただいたレシピを、クラシルで再現! 鯛の頭を煮出して作る、本格ボンゴレスパゲティです。 ▼弓削シェフについて ・YouTubeチャンネル「yugetube」 https://www.youtube.com/channel/UCdl1TIeyHcYr3mMB8x0f3FA/videos ・弓削シェフTwitter https://mobile.twitter.com/YugeTube​ ・サローネ2007公式Instagram https://www.instagram.com/salone2007yokohama/ ・サローネグループ公式オンラインストア https://saloneonline.tokyo/ ・​弓削シェフの味がお家で簡単に楽しめるオンラインストア https://autoreserve.com/restaurants/4dA2UtJjJarZnLZ4FaEJ/online_store こちらのレシピでは、シェフに教えていただいた手順や材料でご紹介しております。 ご家庭で作りやすい手順や材料で再現したレシピも公開しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 https://www.kurashiru.com/recipes/35e545b2-16d3-47f6-8540-cef1dd7f0e54

調理時間:180分

費用目安:800円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

作り方

  1. 準備. タイはよく洗っておきます。 鷹の爪は種を取り除いておきます。
  2. 1. アサリの砂抜きをします。ザルをのせたボウルにアサリ、水、塩を入れ混ぜます。アルミホイルをかぶせ2時間程冷蔵庫に置き、水で洗います。バットに広げ30分程置きます。
  3. 2. イタリアンパセリは葉と軸に分け、葉は粗みじん切りにします。
  4. 3. タイの出汁を取ります。鍋に水、タイを入れて強火で加熱し、アクが出てきたら取り除きます。2の軸の部分を入れ強火で30分程、水分量が1/3程になり、白濁するまで煮込み、火から下ろします。
  5. 4. 耐熱ボウルにザルを重ね、3を入れ押しながら濾し、氷水に当てゴムベラで混ぜながら冷やします。
  6. 5. ニンニクはみじん切りにします。
  7. 6. 鍋に5、オリーブオイルを入れ中火にかけふつふつをしてきたら弱火にし鷹の爪をちぎり入れます。ニンニクに色がついてきたら中火にし1を加えます。
  8. 7. 白ワインを入れて蓋をし、強火で加熱し、アサリの殻が開いたら取り出し、弱火にし4を大さじ1加えます。
  9. 8. スパゲティをゆでます。別の鍋にお湯を沸かし塩を入れ、スパゲティをパッケージの表記より30秒短くゆで軽く湯切りします。ゆで汁は取っておきます。
  10. 9. 7を弱火にかけ8を加え耐熱性のヘラで和えます。味見をして8のゆで汁かお湯を加えて塩分を調節し、スパゲティをお好みのかたさになるまで加熱し、7のアサリを加えます。2の葉を2/3量加えて全体をなじませ、火を止めます。
  11. 10. EVオリーブオイルを回し入れ、全体をなじませます。器に盛り付け、残りの2をかけて完成です。

料理のコツ・ポイント

アサリの砂抜きは、ボウルの大きさによりアサリがかぶる程度の水に3%の塩を目安に調整してください。 残った鯛の出汁は小分けにして冷凍保存できます。なるべく早くお召し上がりください。また、解凍後の調理したものは、冷蔵保存で当日中を目安に早めにお召し上がりください。 ピラフなどに使ってもおいしいですよ。 ゆで時間はパッケージに記載されている時間を目安にしてください。 こちらのレシピは白ワインを使用しております。加熱の状態によってはアルコールが含まれる可能性がありますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠中の方、授乳中の方はご注意ください。また、運転時、スポーツ時、入浴時はアルコールの摂取をお控えください。 今回は耐熱性のゴムべラを使用しています。ご使用のゴムベラよっては溶けてしまう恐れがあるので、耐熱性のものをご使用ください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

質問する

人気のカテゴリ