料理動画(レシピ動画)で
レシピを分かりやすくご紹介!

溶かして楽しい!オペラグラス

「溶かして楽しい!オペラグラス」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

オペラグラスとは、グラスやカップにチョコレートの蓋をし、温かいソースをかけて溶かしていただくお菓子です。 今回は冷たいゼリーに温かいチョコレートソースをかけて完成させました。 一工夫ある料理だからこそ大切な方に特別感が伝わると思います。
調理時間:20分
費用目安:350円前後

スマホで見る

材料(2人前)

  • ミルクプリン
  • 牛乳250ml
  • 砂糖大さじ1
  • ゼラチン5g
  • バニラエッセンス少々
  • いちご4個
  • ブルーベリー10粒
  • チョコレート30g
  • チョコレートソース50g

手順

  1. 準備.
    チョコレート湯煎用にお湯を沸かしておきます。
  2. 1.
    小鍋に牛乳と砂糖を加えて中火で沸騰させない様気をつけながら温めます。
  3. 2.
    砂糖のザラザラ感がなくなり、溶けたら火を止め、ゼラチンを加えてしっかり混ぜます。
  4. 3.
    ゼラチンが溶けたら、バニラエッセンスを数滴加えて混ぜ合わせ、四角い容器に入れて冷蔵庫で冷やします。
  5. 4.
    いちごはヘタを落とし縦半分にしたらヘタに近い部分をV字に切り落とし、ハート形のいちごにします。
  6. 5.
    チョコレートは細かく刻み、湯煎で溶かします。
  7. 6.
    平らなバット等にクッキングシートをひき、チョコレートをその上に広げ、薄く均一に伸ばします。
  8. 7.
    6を冷蔵庫に入れ、冷え固まったらコンロで熱した包丁でグラスの口より広い大きさで四角くカットします。
  9. 8.
    ミルクプリンが固まったら格子状に切れ目を入れてキューブ状にします。
  10. 9.
    グラスに8といちご、ブルーベリーを5分目程まで加えたらチョコレートの蓋をグラスの上に乗せます。
  11. 10.
    耐熱容器にチョコレートソースを入れて600Wのレンジで15秒加熱します。
  12. 11.
    仕上げにチョコレートの蓋に温かいチョコレートソースをゆっくりと中央に穴が開く様に落とし、チョコレートがけミルクプリンにして頂いて下さい。

料理のコツ・ポイント

冷やす時間は含めておりません。
ミルクプリンはゼラチンを少し多めの割合で加える事で固めに仕上げ、キューブ状にカットしやすくします。
チョコレートを四角くカットするには、包丁をコンロで熱してあげると綺麗にカット出来ます。
チョコレートソースは出来るだけ中央に一点集中でかけると溶けやすいです。
今回は( 11×7cm )の型に入れ冷やしました。

たべれぽ

コンテンツがありません。

コメント

紅(kou)
紅(kou)
チョコの上にチョコですか?甘くなりませんか?
8ヶ月前
kurashiru
kurashiru
食べる直前に固めたチョコを温めたチョコソースで溶かしてお楽しみいただける一品に仕上がっています。
チョコレートの甘さが気になる場合は、お好みで量を調整してくださいね。
8ヶ月前
食いしん坊
食いしん坊
素敵です✨楽しそうですし、家族と一緒に作りたいです‼ミルクプリン大好きです!チョコレートと合いそうですね
9ヶ月前

人気のカテゴリ

Video preload background米ナスで野菜の和風ステーキ
焼く、蒸す、炒めるなど様々な料理で活躍するなすのレシピを紹介致します。和食から中華、洋食までテイストも豊...
Video preload background定番和食をアレンジ 肉かぼちゃ
ほくほくとした甘さが特徴のカボチャ。スイーツから夕飯のおかずまで、幅広く大活躍してくれる食材です。その美...
Video preload backgroundさつまいもの煮物 そぼろあんがけ
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload background中華風 甘酢あん肉団子
毎日作るお弁当、旅行のために作るお弁当、運動会やピクニックなどの行事用に作るお弁当、様々な場で活躍するお...
Video preload background豚肉としいたけの炊き込みごはん
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundししとうと鶏肉の甘辛中華炒め
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください