【樫村シェフ】長ネギの焼き方 レシピ・作り方

「【樫村シェフ】長ネギの焼き方」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

東京・代官山の人気店「falo」の樫村仁尊シェフに教えていただいたレシピを、クラシルで再現!今回は、ねぎの焼き方のご紹介です。ホクホクの下仁田ねぎとトロトロの目玉焼きを絡めて召し上がってみてくださいね。 ▼樫村シェフについて ・お店のInstagram https://www.instagram.com/falo_daikanyama/ ・お店のFacebook https://www.facebook.com/falo.daikanyama ・大人気メニューのオンライン販売サイト https://falo.raku-uru.jp/ ・ご予約はこちらから https://yoyaku.toreta.in/falo-daikanyama/ こちらのレシピでは、シェフに教えていただいた手順や材料でご紹介しております。 ご家庭で作りやすい手順や材料で再現したレシピも公開しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 https://www.kurashiru.com/recipes/1ca47435-5781-41aa-94bd-ba5289107820

調理時間:40分

費用目安:500円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

作り方

  1. 1. 下仁田ねぎは根元のかたい部分を切り落とし、十字に切り込みを入れます。包丁の刃先で全体に数ヶ所切り込みを入れ、2枚重ねにしたアルミホイルで包みます。
  2. 2. 炭の中に置き、上にも炭をのせて火が通るまで焼きます。取り出して塩をふり、網にのせ、焼き色がついていない面に焼き色をつけ、火から下ろします。
  3. 3. アンチョビソースを作ります。ニンニクのオイル漬け、EVオリーブオイルを鍋に入れて強火にかけ、ニンニクの香りが立ったらアンチョビフィレを入れて炒め、アンチョビフィレの香ばしい香りが立ったら火から下ろします。
  4. 4. 別のフライパンにEVオリーブオイルを入れて中火で加熱します。卵を入れて底に焼き色がついたら塩をふり、水を入れ、蓋をして蒸し焼きにし、お好みの焼き加減で火から下ろします。
  5. 5. 器に2、4を盛り付け、3、トッピングをかけて完成です。

料理のコツ・ポイント

ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。 下仁田ねぎは長ねぎでも代用いただけます。 ご家庭で作る場合は、手順2を160℃のオーブンでしんなりするまで焼き、オリーブオイルをひいたフライパンで焼き色をつける方法でお作りいただけます。 アンチョビソースは作りやすい分量でのご紹介しております。余るのが気になる場合は分量を調整してお作りください。また、余ったアンチョビソースは、サラダや焼いた魚、肉にかけてもおいしくお召し上がりいただけます。冷蔵庫で保存し、なるべくお早めにお召し上がりくださいね。 ニンニクのオイル漬けの作り方 ・ニンニクは縦半分に切り、芯を取り除き、包丁の腹で潰し、フードプロセッサーで撹拌します。器に入れて、浸る程のEVオリーブオイルを注ぎます。 こちらのレシピの栄養素表示は、全ての材料の使用量で計算されております。実際の使用量により変動しますので、参考程度にご活用ください。また、分量が適量の材料もありますが、クラシル再現動画では量を指定して計算しておりますので、そちらも参照してみてくださいね。

たべれぽ

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ