【松尾シェフ】玉ねぎの座布団ハンバーグ レシピ・作り方

「【松尾シェフ】玉ねぎの座布団ハンバーグ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

フレンチの名店「シェ松尾」の元オーナーシェフ、松尾幸造シェフに教えていただいたレシピ、玉ねぎの座布団ハンバーグのご紹介です。厚切り玉ねぎの上に乗った、ジューシーなハンバーグと、フレッシュなトマトソースの組み合わせがおいしい一品ですよ。フライパンひとつでソースも一緒にお作りいただけますので、是非この機会に作ってみてくださいね。 ▼松尾シェフについて ・松尾シェフのYouTubeチャンネル https://youtube.com/c/grandchefmatsuo ・松尾シェフのInstagram https://www.instagram.com/grandchefmatsuo/ ・松尾シェフのTwitter https://twitter.com/grandchefmatsuo/ ・松尾シェフのレシピ本購入ページ https://amzn.to/3WdYwDQ

調理時間:110分

費用目安:600円前後

材料(1人前)

作り方

  1. 準備. トマトは湯むきをし、ヘタを取り除いておきます。 無塩バターは冷蔵庫で冷やしておきます。 パセリはみじん切りにしておきます。
  2. 1. ハンバーグ用の玉ねぎはみじん切りにします。
  3. 2. 中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、1を入れて弱火にし、15分程薄いきつね色になるまで炒め、火から下ろします。
  4. 3. バットに広げ、粗熱が取れたらラップをして冷蔵庫で30分程冷やします。
  5. 4. ボウルに牛ひき肉、豚ひき肉、塩を入れて手でこね、粘りが出てきたらカレー粉を入れてこねます。
  6. 5. 全体に味がなじんだら3を入れてさっと混ぜ、牛乳、溶き卵、パン粉を入れて混ぜ合わせます。
  7. 6. 130g程を取り分けて楕円形に成形し、中心をくぼませます。平皿にのせ、ラップをして冷蔵庫に入れます。
  8. 7. 土台用の玉ねぎは2cm幅の輪切りを1枚切り出します。
  9. 8. トマトは粗みじん切りにします。ニンニクは半分に切って芽を取り除き、包丁の腹で潰します。
  10. 9. 7の両面に(A)をふります。
  11. 10. フライパンを弱火にかけてオリーブオイルをひき、9を入れて両面をさっと焼き、オリーブオイルがなじんだら取り出します。
  12. 11. 同じフライパンを中弱火にかけ、6を入れて1分程焼き、焼き色が付いたら裏返して1分程焼きます。両面に焼き色が付いたら取り出し、10の玉ねぎの上にのせます。
  13. 12. 同じフライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。中弱火で熱し、中央にオリーブオイルをひいて11をのせ、周りに8、タイムを入れて蓋をし、15分程加熱します。
  14. 13. ハンバーグに火が通ったら玉ねぎとハンバーグを取り出し、平皿にのせてアルミホイルを被せます。
  15. 14. 同じフライパンのタイムを取り出して弱火にかけ、水を入れて水分量を調整します。(B)で味を調え、無塩バターを入れて混ぜながら加熱します。
  16. 15. 全体に無塩バターがなじんだらパセリを入れ、弱火で混ぜ合わせて火から下ろします。
  17. 16. 器に13、15、付け合わせを盛り付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

ハンバーグの塩の量は、牛ひき肉と豚ひき肉を合わせた量の0.9%を目安に入れてください。 ハンバーグのタネは作りやすい分量でご紹介しております。一度で使い切れない場合は、分量を調整してお作りください。今回は5〜7人前の量を作り、1人前130g程を使用しました。 また冷凍する場合は使用時に冷蔵庫で解凍し、練り直し冷やしてから成形するとおいしく仕上がりますよ。 今回は耐熱性のゴムべラを使用しています。ご使用のゴムベラよっては溶けてしまう恐れがあるので、耐熱性のものをご使用ください。 こちらのレシピの栄養素表示は、全ての材料の使用量、また分量が適量の場合は目安の分量で反映されております。実際の使用量により変動しますので、参考程度にご活用ください。

たべれぽ
4.9

31件のレビュー

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ