【野永シェフ】究極の肉じゃが レシピ・作り方

「【野永シェフ】究極の肉じゃが」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

”料理の鉄人JAPAN CUP02”で総合優勝も経験した「日本橋ゆかり」三代目・野永喜三夫料理長に教えていただいたレシピを、クラシルで再現! 今回は、究極の肉じゃがのご紹介です。簡単なのに本当に美味しい、メークインを使用することで煮崩れしにくい肉じゃがです。ぜひお試しくださいね。 こちらのレシピでは、シェフに教えていただいたレシピを、ご家庭で作りやすい手順や材料で再現しております。 シェフが調理しているレシピ動画では、より詳しくご覧いただくことができますので、さらに本格的な味わいに仕上げることができますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。 https://www.kurashiru.com/recipes/2856b9ba-a29d-4e2a-9837-cec94cdda5b1

調理時間:150分

費用目安:500円前後

材料(2人前)

作り方

  1. 準備. じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。絹さやは筋を取り除いておきます。
  2. 1. にんじんは皮付きのまま一口大の乱切りに、じゃがいもは一口大の乱切りにします。玉ねぎは半分に切り芯を切り落とし、それぞれ6等分のくし切りにします。
  3. 2. 牛バラ肉は5cm幅に切ります。
  4. 3. フライパンに水、(A)を入れ軽く混ぜます。1、2を入れ中火にかけ、牛バラ肉をほぐします。
  5. 4. 牛バラ肉がほぐれたら火を止め、キッチンペーパーの真ん中に指で穴をあけて被せ落とし蓋をし、中火にかけます。20分程度煮込み、じゃがいもに火が通ったら火から下ろし、2時間程度冷まします。
  6. 5. 落し蓋を絞り取り除き、中火にかけ、フライパンを傾けて出汁を材料にかけながらお好みの味になるまで煮詰めます。絹さやを散らし出汁を回しかけ、火から下ろします。
  7. 6. 器に盛り付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

調味料の量は、お好みで調整してください。 じゃがいもはメークインを使用することで煮崩れしにくくなります。 食べやすく、味が染み込みやすくなるように、口の大きさに合わせて食材の大きさを切り揃えるのがポイントです。 食材の旨味や香りを引き出すために、食材は必ず火をかける前に入れ、牛バラ肉は温まる前にほぐしながら加熱してください。 一度冷ました後に再度火にかけることで、味が染みこみおいしく仕上がります。 煮含ませる工程は常温で長時間放置すると夏場や調理環境によっては食中毒のリスクが高まります。 長時間放置する場合は粗熱が取れたら冷蔵庫に入れてください。

たべれぽ
4.7

162件のレビュー

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

クラシルおすすめのキッチングッズ

人気のカテゴリ